【僕が英検1級を目指すようになった流れ②】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)(→この記事のシリーズを1話目から読む

「西洋かぶれの、なんちゃってヒップホッパーモード」

から、

「英語道を極める武人モード」

にスイッチが切り替わったことで、僕の英語の目標にも変化が現れ始めました。

それまでの目標は、

「スラム街の黒人が使うような、ラフでカジュアルな英語表現を身に付けること」

でした。

でも、音読を積み重ねて英語力が上がるにつれて、いつの間にか、

「揺るぎない文法力と発音スキルの土台を鍛えた上で、教養あるネイティブ相手に、洗練された大人の会話ができること」

の方に憧れるようになりました。

「英語道を極める武人モード」に切り替わったとはいえ、僕はストイックに自分にムチ打ちながら、興味のない英単語を勉強するのはイヤでした。

ブルース・リー

同じ武人でも、僕はブルース・リーではなく、ジャッキー・チェン派でした。

ブルース・リーは映画の中では、あまり笑いません。

常に真剣な表情で、怒りを燃料にして、悪党をバッタバッタとなぎ倒していきます。

ブルース・リーはプライベートでもかなりストイックに武の道を追求していたそうです。

アクション映画スターとして活躍するかたわら、実戦で使える武道を研究&開発して、「ジークンドー」という流派を立ち上げて、弟子を育てました。

今でも世界中で、ジークンドーの継承者たちが活躍しています。

僕も20代の頃に、日本人でジークンドーの第一人者の中村頼永さんのワークショップを受けに行きました。

そんな功績を残したブルース・リーは、わずか32才で他界しました。

人気的にも、肉体的にも最強の状態で他界したので、ブルース・リーは伝説の人物になりました。

ただ、自分が作り上げたジークンドーが世界中に広まっていくのを見届けることができなかったのは、おそらく心残りだったのでは?と勝手に推測しています。

ジャッキー・チェン

一方、同じカンフーアクションスターでも、ジャッキー・チェンのスタイルと生き方は、対照的です。

ジャッキー映画は、笑いにあふれています。

敵と戦っている最中のシーンでさえも、クスリと笑ってしまうような演出が満載です。

また、初期の頃のジャッキーのカンフー映画では、ジャッキーは「お調子者の怠け者キャラ」として描かれていることが多いです。

①普段はふざけているけど、ある日をきっかけに修行に目覚める。

↓↓↓

②師匠の目を盗んで手を抜いたりもするけど、やる時はちゃんとガンバる。

↓↓↓

③実は師匠自身も大酒飲みだったりして、いい加減なところがある。

↓↓↓

④最終的にはジャッキーはちゃんと強くなって、宿敵を倒す力を身に付ける。

という感じで、緩急があるのです。

ジャッキー映画から感じられるメッセージは、

「最初は弱くても、カンペキな修行をしなくても、目的の強さは手に入れられるよ。」

「どうせ修行するなら、楽しまなきゃ損!」

という雰囲気です。

僕は性格上、ジャッキーのキャラが子供の頃から好きでした。

ジャッキーは、68才になった今でも元気で、現役です。

英語学習もジャキースタイル

僕は英語学習も、ジャッキースタイルで行くことに決めていました。

英語レベルが上がるにつれて、だんだんフォーマルな英単語や例文に出会うことが増えてきました。

ビジネス用語やフォーマル表現の英語を学ぶ場合でも、「あまり真剣になり過ぎない&堅くなり過ぎない」をモットーに、テキスト選びや学習法を選んできました。

たとえば、DUO3.0の英単語帳を音読した時にも、できるだけカジュアルで場面がイメージしやすい例文の入ったユニットから、順不同で進めていきました。

(DUO3.0は、ユニットによってはかなり面白い例文が多く入っています)

また、DUO3.0と同じ英単語が日常生活の場面に入れ込んである「速読速聴英単語Daily1500」も音読しました。

一見、フォーマルで難しそうな英単語でも、実は日常生活の場面で使う機会があると分かると、覚えるやる気になります。

そうやって、できるだけ「自分に関係ある内容だ」と脳に認識させながら、興味を失わないように工夫をしてきました。

英検準1級以上の英単語レベル

ここまで聞くと、

「とはいえ、英検準1級以上のレベルの英単語や例文は、さすがに日常会話と関係ないんじゃない?」

と思われるかもしれません。

その通りです。

たしかに、日常会話では英検準1級以上のレベルの英単語を使う機会は少ないでしょう。

でも、「日常生活」では十分に使う機会があると気付くきっかけがあったのです。

 

・・・つづく。(→この記事のシリーズを1話目から読む

 

p.s.英検の一次対策講座を開催します。準2級の募集は本日締切りです↓↓↓

 
—————————————
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください