From  師範代Shinya(新村真也)
 
※僕が英検1級にトライした時のストーリーの続きです。
 
(→前回のつづき)
 
 
英作文の練習をメインで進めているうちに、2回目の英検1級を受ける日がやって来ました。
 
 
1回目は、本番当日はけっこうドキドキしていましたが、2回目になると、心は平静です。
 
 
1回目の前回は、
 
 
「自分がどこまで通用するか?」
 
 
「英検1級というラスボスに、どこまでダメージを与えられるか?」
 
 
を考えていました。
 
 
その結果、不合格Aを取れたので、今回は本気で「倒しに行く」心持ちで向かいました。
 
 
少なくとも、前回よりは大きなダメージを与えることができれば、限りなく高い確率で倒せます!
 
 
 

また違う人たち

会場の教室に入ると、前回とはまた違うメンツが集まっていました。
 
 
相変わらず老若男女混じってバラエティー豊かなことに変わりはありませんが、覚えている顔は見当たりません。
 
 
前回、帰り道で話した高校生もいませんでした。
 
 
(もしかして、前回受かったのか?だとしたら、スゴいな!)
 
 
と思いながら、席に着きました。
 
 
前回僕の隣の席になって少し話した、「毎回受けていて、これが15回目」と言っていた男性は、今回は姿が見えませんでした。
 
 
もしかして、別会場で受けているのか?
 
 
それとも、体調を崩して休んじゃったとか?
 
 
はっ!いかん!いかん!人のことより、自分のコンディションを整えねば!集中!集中!
 
 

試験スタート!

始まってすぐに、作戦通り、先に後ろの作文パートに取りかかりました。
 
 
この数ヶ月間、ほぼ毎日作文しまくって来た僕にとっては、問題文が前回とはまったく違って見えました。
 
 
トピックを見てから、約30秒で自分の意見がすべてまとまりました。
 
 
その後は、いつも通り淡々と文章を書き続けて、最後まで集中力を切らすことなく、書き終わりました。
 
 
時計をチェックすると、所要時間はピッタリ20分間でした。
 
 
前回に比べると、5分早い終了です。中身にも自信があります。
 
 
毎日の行き帰りの電車内で、乗っている時間20分間で全部書き終えるところまでの練習を1日2回、繰り返してきました。その成果が出た感じです。
 
 
 

ボキャ問題もサクサク!

作文を終えるとすぐに、僕が最も得意とするボキャ問題に入りました。
 
 
サクサク解けます!
 
 
ここのスムーズさは、前回と同じです。
 
 
キクタン&語源学習法で培った英単語力を発揮できました。
 
 

長文読解はまずまず

長文問題は、相変わらず難しい!という感じです。
 
 
が、「まったくお手上げ」というわけでもありません。
 
「一字一句全部理解できるか?」と聞かれたら、答えは「NO」ですが、「正解を選べるか?」と聞かれたら、「おそらくYES」という感覚です。
 
 
正解は絶対これだ!という確証はないのですが、他の選択肢はすべて「これはないだろう」と思えるので、消去法で正解を選ぶ方法で進んでいきました。
 
 
 

リーディング最後の難関問題

リーディングの最後の問題は、かなり苦戦しました。僕が最も苦手な「歴史」に関する文章でした。
 
 
文章のトピックは、中世のヨーロッパで活躍した将軍の話だったと思います。
 
 
「その将軍がしたことを、簡潔にまとめた要約文の中で正しいものを選べ」
 
 
というような問題でした。
 
 
本文と設問を行ったり来たりしましたが、1問だけどうしても分からず、リスニング開始時間まで残り30秒まで来てしまいました・・・
 
 
そこで僕は、「本文の中に答えを探す」ことをやめました。
 
 
選択肢の文章を、1つ1つ丁寧に読みながら、
 
 
「最も男らしく、自分が尊敬できる行動」
 
 
をしている要約を選ぶようにしたのです。
 
 
後世に残るような業績を成し遂げた将軍なら、そんなにカッコ悪い行動は取らないだろうな・・・
 
 
だったら一番カッコいい行動が正解になる確率が高い。
 
という考えです。
 
 
自分が選んだ答えを問題用紙にも書き写した瞬間、リスニング開始の合図が聞こえました。
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ