From  師範代Shinya(新村真也) 
 
 
前回に引き続き、オンライン英語テストCASECの受験テクニックをお伝えします。
 
 
CASECは、TOEICと違って、問題ひとつひとつに制限時間が設けられてます。
 
 
問題文によって変わりますが、1問あたり60秒~90秒の制限時間です。
 
 
TOEICでは、1問30秒の問題を5秒で解いた場合、節約できた25秒を次の問題の回答時間に割り当てることができます。
 
 
次の問題も5秒で解けた場合、「時間貯金」は50秒になります。
 
 
それを繰り返しながら貯めた時間貯金を、最後の長文問題に割り当てることで、点数アップを狙うことができます。
 
 
 

CASECは「時間貯金」ができない

でも、CASECでは時間貯金はできません。
 
 
その代わり、1問あたり60秒という、比較的ゆとりのある回答時間が与えられています。
 
 
この問題を5秒で解いた場合と、30秒いっぱい使って解いた場合とで、点数の差はありません。
 
 
1問1問を制限時間いっぱいまで使って解き続けた場合、トータル試験時間が伸びるだけで、点数自体に差は出ません。
 
 
だったら、ゆっくり時間をかけた方がトクな気がしませんか?
 
 

ゆとりをキープする 

試験時間のゆとりは、そのまま気持ちのゆとりにつながります。
 
 
明らかに「正解はこれだ!」と分かっている問題まで60秒考え続ける必要はありませんが、微妙な内容であれば、60秒いっぱい使って回答した方が点数が伸びる確率は高くなります。
 
 
ちなみに僕は、問題によってメリハリをつけています。
 
明らかに正解が分かる問題には、あまり時間をかけません。1問あたり5秒~10秒で解きます。
 
 
でも、正解が微妙な問題は、制限時間をいっぱいまで使ってじっくり考えます。
 
 
そんな感じで進んでいくと、トータル試験時間は30分~40分前後になります。
 
 
 

時間のかけ過ぎはNG

カンタンで正解が分かっている問題まで何度も見直したりして、時間をかけ過ぎると、逆効果になることがあります。
 
 
意思の力を消耗して、後半のパート4で集中力がなくなる危険があるからです。
 
 
せっかく試験時間の短いCASECなのに、すべての問題に60秒~90秒ギリギリまでかけていると、トータル1時間くらいになってしまいます。
 
 
それでもTOEICの半分の時間なので、まあラクと言えばラクなのですが、後半のパート4では、細かいリスニングの聞き取り問題が出てきます。
 
 
TOEICでは正解を選ぶだけでOKですが、CASECではタイピングまで要求されます。
 
 
聞き取りに集中することに加えて、
 
 
・正しいスペルで書けているか?
 
 
・大文字or小文字の間違いはないか?
 
 
などをチェックしていると、短時間でも意思の力をかなり消耗します。
 
 
だからこそ、前半でムダに時間をかけて後半に疲れを残してはいけないのです。
 
 
 

パート4は3回聞く

前半ではムダに時間をかけない方がいいのですが、リスニング問題の最後のパート4では、時間をかけることをオススメします。
 
 
パート4は最後のセクションなので、ここで力を100%使い果たしても大丈夫です。もう後はありません。
 
 
パート4では、細かい聞き取り&タイピングが必要になります。「3回まで同じ内容を聞ける」のが嬉しい点です。
 
 
TOEICでは、基本的に一発勝負です。
 
 
一度聞き逃したら、2度目はありません。このプレッシャーはかなりのものです。
 
 
上級者でも、ちょっとボーッとしただけで聞き逃してしまうことがあります。
 
 
でも、CASECでは3回まで同じ英文を聞けます。
 
 
この特典はフル活用すべきです。
 
 
「これは分かった!」
 
 
と思って一回目で全部タイピングまで終わった場合でも、念のため3回全部聞くようにしましょう。
 
 
その間に、スペルミスにも気付けます。
 
 
 

ヘッドホンは必須! 

最後に、ヘッドホンは必ず付けましょう!
 
これは必須です!!
 
もし、あなたがまだヘッドホンを持っていなかったら、買いましょう。
 
 
ここはケチるべきではありません。
 
 
あなたのパソコンのスピーカーがよほど高音質をウリにしているモデルでない限りは、ヘッドホンで聞いた方が圧倒的によく聞こえます。
 
 
また、外部の音がシャットダウンされるので、CASECの世界に入り込んで集中することができます。
 
 
 

外部スピーカーに注意!

最近は、パソコンに外部スピーカーをつなげて良い音を出すこともできますが、これも危険です。
 
 
なぜなら、高音質をウリにしているスピーカーの多くは、「音楽を聴くため」にあるからです。
 
 
音楽を聴くためのスピーカーと、英語の音声を聞くためのスピーカーは別物です。
 
 
僕が前にYouTubeにアップした動画でもお伝えしていますが、SONYの高いスピーカーよりも、安い海外製のスピーカーの方が、英語の音声が聞き取りやすい、なんてことがよくあります。
 
 
なので、CASECの試験中に外部スピーカーを使うことはあまりオススメできません。
 
 
もし、どうしても外部スピーカーを使いたいのであれば、この商品が僕の知る限り一番英語が聞き取りやすいモデルです。
 
↓↓↓
 

Qtop Bluetoothスピーカー Bluetooth 4.0 20W出力 iPhone, iPad, Samsung, Nexus, HTCなど対応-ブラック 【IPX4防水&防塵認証/最大25時間持続/18ヶ月保証】

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
※僕はこれをメチャクチャ気に入っているので、まったく同じものを2台持っています。
 
 

一番の点数アップ対策は・・・

以上、数回にわたってCASEC対策をお届けしてきました。
 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
CASECは、TOEICや英検に比べると、まだまだマイナーな存在です。
 
 
書店にCASEC対策本などがなく、どうやって点数を上げるべきか?迷うこともあると思います。
 
 
ここまでお伝えしてきた攻略法を使えば、少し点数アップが狙えるはずです。
 
 
でも、一番の点数アップ法は、「あなたの英語力そのものをアップさせること」です。
 
 
そんなこと言ったら、元も子もないじゃないか!
 
 
と思われるかも知れませんが、英語力を上げることが、一番遠回りなようで一番の近道です。
 
 
英語力を上げるには、「英語を声に出す」音読トレーニングが効果的です。
 
 
本格的な音読トレーニングを体験できる動画セミナーはこちら
 
 
—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ