From  師範代Shinya(新村真也)

(→前回のつづき)

僕が英単語を増やした3つのステップの体験談の続きです。

「速読速聴英単語Advanced 1000(現1100)」を使った音読トレーニングと、「キクタン英検1級」を使った英単語帳を使ったボキャビルを始めてから、ちょうど1年がたった頃のこと。

僕は自分の手持ち英単語が、1年前に比べてどのぐらいアップしているのか?を試すために、再び英検1級の過去問題集を手に取りました。

準備期間に1年を費やしましたが、果たしてどのぐらい読めるようになっているのか?ドキドキしながら、1年ぶりに見る過去問のテキストを開きました。

激変した景色

僕の目に映る景色は、1年前と比べてまったく違うものになっていました。

読める!!

分かる!!

まさに激変!!と言っていいぐらいです!!

英単語の意味が分かるだけではなく、長い文章の構文を見失うことなく、最後まで読み進められます。

パート1のボキャブラリー問題も、自信を持って正解を選べます。

長文問題も、「楽勝!」とまではいきませんが、内容をイメージしながら読み進められます。

スゴい!!全然違う!!

この1年間やってきたことは、間違いじゃなかった!!

想像以上に自分の英語力が上がっていることを実感して、僕は嬉しくなりました。

 

倒せそうな予感

僕は、過去問を何回分か解いてみました。すると、回によってバラつきはあるものの、平均すると合格点に近い正解率が出せることが分かりました。

「あら!もしかして、けっこうイケるんじゃない?もしかして、今なら英検1級を倒せちゃうんじゃない?」

という期待感が出てきました。

そこで僕は、試しに本番試験を申し込んでみることにしました。

 

本番1回目の手応え

本番の英検1級の試験は、過去問を解いた時とほぼ同じでした。

どうかなぁ~??ちょっと苦しいかなぁ~??

という感覚です。

でも、たしかに手応えはありました。

1回目の結果が返ってきました。

結果は・・・「不合格A」でした。

不合格Aは、合格に限りなく近い不合格です。

しかも、点数が足りなかったのはあまり対策をしなかった「作文」の方でした。

英単語力では、合格レベルです。

「もう一回戦えば、倒せる!!イケる!!」

という確かな手応えを感じました。

2回目のトライ

僕は間髪入れずに2回目に申し込みました。

今回は、作文のトレーニングをしたので、対策はバッチリです!

結果は・・・

 

合格!!

1次試験を2度目のトライで合格できたのは、けっこう良い方だと思います。

 

2次試験にも1発合格!

勢いに乗った僕は、2次試験の対策もバッチリしてから受けました。

1次試験に比べると、2次試験で使う英単語のレベルはグッと下がります。

Advanede1000を使った音読トレーニングで身体に刷り込んだ、「長い英文」のリズムに慣れたことで、短い文で話すのがすごくラクに感じられるようになっていました。

そのおかげで、2次試験は一発合格できました!

 

さらに上を目指すべきか?

英検1級に合格した後、ひとつの迷いが出てきました。

「この先、英単語力をさらに上げるべきか?」

という迷いです。

これより先を目指すなら、もう選択肢はひとつです。

英単語帳を使って、システマチックに増やすしかありません。

これより上のレベルの英単語帳としては、

「究極の英単語セレクション」

というタイトルの本があります。

 

CD付 究極の英単語セレクション 極上の1000語 (究極シリーズ)

無骨なデザインで、マニア心をくすぐります。

アマゾンのカスタマーレビューの評価も高いです。

ただ、僕の中では英検1級のボキャビルをしている時から、思っていたことがありました。

それは、

「ネイティブでさえあまり使わないような英単語を、日本人の自分が覚える価値があるのか?」

ということです。

英検1級の英単語は、とても堅いものが多く、ネイティブの前で使うと驚かれることがよくありました。

これ以上そんなジャンルの英単語を増やしても、それはもう、「マニア」の領域に入ってしまいます。

僕はあくまで、自分の英語学習では「実戦性」を重視しています。

英単語帳を使ったボキャビルはこのあたりでいったん切り上げて、他の英語トレーニングに時間とエネルギーを投入することにしました。

・・・つづく。

 

—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ