From  師範代Shinya(新村真也)

(→前回のつづき)

僕が英単語を増やした3つのステップの体験談の続きです。

①音読トレーニング(文の中で意味と使い方を覚える)

②英単語帳(システマチックに覚える)

③多読&多聴(自然に覚える)

の3ステップのうち、②のDUO3.0を終わらせた後、次にやりたい英単語帳が見つからなかった僕は、いったん①の音読トレーニングに戻りました。

速読速聴英単語Core1900を使って、

「まとまりとストーリーのある文章を音読する中で、自然に英単語を覚える」

スタイルに戻ったのです。

↓↓↓

速読速聴・英単語 Core1900 ver.5

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

Core1900の効果は絶大でした。データ上はDUO3.0と同じ6,000語レベルとなっていますが、見出し語以外にも知らない英単語が多かったので、結果的に僕のボキャブラリーは一気に増えました。

また、Core1900の素材になっている英字新聞の記事は1文が長いため、DUO3.0では鍛えづらかった、「長文への耐性」ができました。

音読トレーニングだけでどこまで行けるか?

僕は、音読トレーニングだけで自分がどこまで行けるか?を見てみたくなりました。

後はもう、「英単語の数」と「長文の読みのスピード&正確さ」の2つを伸ばすだけです。

その手段として、「短い例文だけが収録されている一般的な英単語帳」を使うよりも、「長文の中で音読トレーニングしながら英単語を覚える」方が、一石二鳥だと思ったのです。

そこで僕は、Core1900を終わらせた後、引き続きZ会の出している「速読速聴英単語シリーズ」の中で、さらに上のレベルのテキストに進むことにしました。

順当に進めば、「Advanced 1000(現バージョンは1100)」があるのですが、本屋さんで買ってきて1ページ目を音読したら、あまりの難しさに撃沈しました。

↓↓↓

速読速聴・英単語 Advanced 1100 ver.4

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

同じ英字新聞でも、Core1900のものとは比べものにならないぐらい、難しい英文ばかりでした。知らない英単語が多すぎるし、表現も理解できないものが多くあります。

それに、今までCore1900でさんざん英字新聞の記事を音読していたので、気分転換をしようと思いました。

方向転換

そこで僕は、新しい方向性のテキストに変えました。

「上級者へのTOEICテスト英単語:差がつく1000語で900点突破」というテキストに進みました。

↓↓↓

上級者へのTOEIC Test英単語―差がつく1,000語で900点突破!

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

TOEICに出てくるようなビジネス文書や、リスニングのパート3&4にそっくりな会話文が収録されています。

名前こそ、「速読速聴英単語」シリーズではありませんが、その作りは同じでした。

まとまりのある例文の中に、ターゲット英単語がちりばめられています。

収録されている英単語も、僕が知らないものが多くあって、ちょうど良い負荷に感じました。

それに、ここしばらくTOEICテストが800点台後半で行ったり来たりしていたので、ここで900点突破の材料になるかもしれない!と思ったのです。

 

けっこう楽しいビジネス文書

英字新聞の記事に慣れた後に、ビジネス文書を題材にしたテキストで音読すると、けっこう楽しく感じました。

「お堅さ」で言うと、英字新聞が最も堅い分類になります。その後、ビジネス文書、会話文と続きます。

そこそこフォーマルながらも、状況をイメージしやすいビジネス文章を音読するのは、思った以上に楽しく感じました。

また、英単語レベルも当時の僕にとってはちょうど良く、無理せずサクサク進みました。

TOEIC900点突破!

この「上級者へのTOEICテスト英単語」のテキストを終えた頃、僕のTOEICスコアは初めて900点を超えました。(915点でした)

TOEIC900点を超えた時の、周りの人たちのリアクションは大きなものでした。

TOEICは色々な企業が社員のジャッジ基準に取り入れているので、名度がダントツで高いです。

日本のビジネス界では、「900点以上=ネイティブレベル」みたいに刷り込まれているので、(実際はそんなことはないのですが)900点を超えるスコアを持っていると、すごく驚かれます。

すっかり気分が良くなった僕は、「TOEICでさらに上を目指してみたい!」と思うようになりました。

900点を超えた僕にも、まだテストの中で知らない英単語がけっこうあったのです。

もし、知らない英単語がひとつもなくなるぐらいになったら、点数はどうなるんだろう?

という疑問がありました。

とはいえ、「上級者へのTOEICテスト英単語」よりも上のレベルの、「TOEICを題材にした音読用教材」は売られていませんでした。

そこで僕は、DUO3.0以外では初めて、「短い例文が載っている英単語帳」に手を伸ばしました。

・・・つづく。

※参考情報:「上級者へのTOEICテスト英単語」のテキストは、今は中古でしか手に入りませんが、Z会から後継のテキストが2冊出ています。

「TOEIC(R)TEST 速読速聴英単語 STANDARD 1800」(中級)
 ↓↓↓

TOEIC(R) TEST 速読速聴・英単語 STANDARD 1800 ver.2 (速読速聴・英単語シリーズ)

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

「TOEIC(R)TEST 速読速聴英単語 GLOBAL 900」(上級)
 ↓↓↓

TOEIC(R) TEST 速読速聴・英単語 GLOBAL 900 ver.2 (速読速聴・英単語シリーズ)

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ