From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
 
僕はドキドキしながら、平均評価が3ポイント台の先生(3つ星先生)のレッスンを受けてみることにしました。
 
なぜかワクワク感があります。
 
まるでお化け屋敷に入るような気分です。
 
事前に読んだ体験者のコメントでは、
 
 
「やる気が感じられない。」
 
 
「早口過ぎて何を言っているのか分からない。聞き返してもスピードをゆるめてくれない。」
 
 
などの感想がありました。
 
 
僕がこのチャレンジ初回に選んだ相手は、30代のアメリカ人男性でした。
 
 

時間感覚

 
時間通りに部屋に入ると、まだ講師は部屋に入ってきていませんでした。
 
 
このあたりは予想済みでした。
 
 
僕はカナダに3ヶ月間留学していた時に、「日本人の時間を守る感覚は、世界的には珍しい」ということを身をもって体感していたので、あまり気にはなりませんでした。
 
 
僕は先生が入ってくるまでの間、自分のトレーニングメニューの音読を進めていました。
 
 
レッスン前に音読すると、良いウォーミングアップになります。
 
 
音読していれば先生が時間通りに来なくても、時間を有効に使えてイライラすることもありません。
 
 
レッスン開始時間から1分ぐらいして、「ポロン」と音がしました。
 
 
ポロンという音は、先生とオンライン上でつながり始めた時の合図です。
 
 
ただ、ネット接続が悪いのか、丸いマークがクルクルした状態から、なかなか画面が変わりません。
 
 
しばらくして、ついに先生の姿が現れました。
 
 
やはりネット接続環境はあまり良くないようで、画像はかなり荒く見えました。(カメラ性能の問題かもしれませんが)
 
 

カジュアル&フレンドリーな雰囲気

 
先生の表情は、笑顔でした。
 
愛想は悪くない気がします。
 
あいさつはカジュアルです。
 
多くの先生は「How are you today?」みたいに日本人がよく知っているあいさつから始めます。
 
 
でも今回の先生は、「Hey, what’s up?」とカジュアルあいさつをしてきました。
 
 
この手のあいさつは外国人バーなどではよくあります。
 
でも人によっては「なんだか初対面なのに馴れ馴れしいな」と感じたり、「どう返したらいいんだ?」と迷ってしまうことがあるかもしれません。
 
 
その後、しばらくお互いの自己紹介をしました。
 
 
先生の自己紹介はとても短くて、あまり話がふくらみそうな情報が入っていませんでした。
 
 
僕はレッスントピックに「フリートーク」を選択しているので、こちらから色々と質問しないと、会話が続きそうにありません。
 
 
(なるほど!このあたりも会話が盛り上がりづらい要素だな・・・やっぱり自己紹介で話す内容は大事だな。自分もガッツリ台本を用意した方が良さそうだ)
 
 
と感じました。
 
 
とはいえ、先生はフレンドリーな雰囲気ではあります。
 
「話す姿勢がない」とまでは感じません。
 
 
先生の音声通信状況は、たまにぷつぷつ途切れますが、そこまでひどくはなく、なんとか聞き取れるレベルでした。
 
 
早口ではありますが、このぐらいのスピードがナチュラルで練習になる、と感じる人もいるでしょう。
 
 

コントみたいな状況

 
しばらく先生と話していると、あることに気付きました。
 
それは、先生の「背景」です。
 
 
背景は真っ白で、最初は「白いカベの前でしゃべっているか、後ろに白い布をかけているのかな?」と思いました。
 
 
でも、先生の頭と背景がすごく近いというか、すぐ後ろに背景の布っぽいものがあるように見えます。
 
 
僕はしばらく話していて気付きました。
 
 
「あっ!この先生は寝転んでしゃべってるな!」
 
 
と。(笑)
 
 
ちょうどその頃、お笑い芸人の「ジャルジャル」がYouTubeにアップした「リモート面接でたぶん寝転んでる奴」というタイトルのコント動画が大ヒットしていました。(現在814万回再生)
 
 
スーツを着て就職のリモート面接試験を受けている人が、よく見ると白いベッドに寝転んでいるように見える・・・
 
 
やる気のある発言をしているけど、実際は寝転びながら面接を受けている・・・
 
 
面接官がその違和感にだんだん気付いていく・・・
 
 
という、とても面白いコントです。
 
 
僕もこの動画を見ていたので、「あっ!あのコントと同じ状況じゃん!」と思いました。
 
 
もちろん、相手のアメリカ人の先生はジャルジャルのコントを知らないはずです。
 
 
きっと「白ければバレないだろう」と思っているのでしょう。
 
 
先生はやたらカメラに近い距離で顔がドアップに映っていると思いましたが、どうやら背景がベッドなのをバレづらくするために近づいていることが分かりました。
 
 
でも、ジャルジャルのコントを見た僕の目はごかませません!
 
 
僕は笑いがこみ上げてくるのを抑えながら、話し続けました。
 
 
・・・つづく。
 
 
 
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓