From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
僕が23才の頃、服飾系の会社へ転職するために「カラーコーディネーター」の資格を取ることにした話の続きです。
 
 
午前中の3級の試験は、思った以上にスラスラ解けました。
 
 
服飾系の専門学校生の「超オシャレ学生たち」に混じって、僕は「自分も向こう側に行けるかもしれない」と思い始めていました。
 
 
それが、この資格を取ることへのモチベーションをさらにアップさせました。
 
 
中学~高校まで服にまったく興味がなくて、オシャレとは程遠い世界で生きてきた僕にとって、ファッション業界への転職はまさに「住む世界の大移動」を意味していました。
 
 
その第一歩が、今回のカラーコーディネーターの資格なのです。
 
 
僕は超オシャレ学生たちを見回しながら、ひとりで熱く燃え上がっていました。
 
 

お昼休憩

3級の試験が終わりました。僕はクラスメイトのKさんとMさんとまた合流しました。
 
 
Kさん:「どうだった?」
 
 
僕:「なんか思ったより3級はラクだったよ。」
 
 
Mさん:「私もそう思った。」
 
 
Kさん:「私も!でも、これからが本番よ!2級はグッと難しくなるらしいから。」
 
 
僕:「俺、ぜんぜん対策してないんだけど、2人は問題集とか事前にやったの?」
 
 
Mさん:「私は1冊だけ問題集買ってやったよ。」
 
 
Kさん:「さすが大学生!私も問題集やろうと思ったけど、結局やらずじまいでここまで来ちゃった。」
 
 
Mさん:「2人なら大丈夫でしょ。絶対受かるよ。」
 
 
僕:「本当?」
 
 
Mさん:「うん。確かに3級よりは難しかったけど、おそらくシンヤ君とKさんなら受かると思うよ。」
 
 
Kさん:「そうかなぁ~自信ないよ~」
 
 
僕:「まあ、ここまで来たらもう、今までの実力を出し切ることしかできないよね。」
 
 
その後、僕らは一緒にランチを食べに行きました。
 
 

仕事の外の人間関係

僕はKさんとMさんと一緒にご飯を食べながら、不思議な気分になりました。
 
 
この2人とは、日常でまったく接点がありません。
 
 
Kさんは僕とはまったく違う業界の違う会社で働いているし、Mさんは大学生です。
 
 
普通に考えたら、絶対に出会えない人達です。
 
 
でも僕らは、こうしてカラーコーディネーターのスクールを通して知り合いました。
 
 
そして今、休日に一緒にご飯を食べています。
 
 
僕はこういう風に、会社の外の人間関係を作るのが好きだということに気付きました。
 
 
日本は文化的に、サラリーマンは会社にどっぷり浸かる生活になりがちです。
 
 
特に独身男性の場合、会社の外でも同僚と一緒に飲みに行き、休日も同僚や上司と一緒に出かけるような生活になりがちです。
 
 
別にそれが悪いとは思わないし、出世する人はそういう付き合いが得意なんだと思います。
 
 
ただ、僕は会社の外で人間関係を広げるのが好きだと気付きました。
 
 
日常生活に影響しないので、相手との関係に気を遣う必要もないし、気楽に付き合えます。
 
 
それに、情報がもれる心配もないので、本音で話しやすいです。
 
 
「ふだんの自分」を知らない人と話している時の方が、逆に「素の自分」を出しやすくなります。
 
 
同僚や古い友人などは、僕に対してのイメージが出来上がってしまっています。
 
 
「シンヤはこういうやつだよね」
 
 
というレッテルが貼られているような感じです。
 
 
そのレッテルがない状態で付き合えるのは、とても気楽で楽しいです。
 
 
特に今のように、新しい世界に飛び出そうと思っているときには、これまでの人間関係が足かせに感じられることもあります。
 
 
 

新計画のリアクション

たとえば僕のケースで言えば、今の同僚や古い友人に僕の転職計画を話した場合、
 
 
「え?シンヤがファッション業界に転職?ウソだろ?そんなキャラじゃないでしょ?」
 
 
といったリアクションが来る確率が高いです。
 
 
そういうリアクションをされると、ただでさえ少ない自信が、さらになくなってしまうかもしれません。
 
 
でも、新しい仲間であるKさんとMさんを相手には、そんな心配なく、
 
 
「俺はファッション業界に転職するぞー!!」
 
 
と堂々と言えます。
 
 
それを聞いた2人も、
 
 
「いいね!シンヤ君ならできるよ!」
 
 
と言ってくれます。
 
 
「これまでの僕」を知らない分、「これからの僕」を見てくれる感覚です。
 
 
こういうやりやすさが、僕にとって会社外の人間関係が好きな理由なんだと思います。
 
 
そんなことをしみじみ考えながら、僕はKさんとMさんと一緒にランチを食べていました。
 
 
・・・つづく。
 
 
※ブログ記事のジャンル別もくじは、こちらをクリック
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓