From  師範代Shinya(新村真也)

(→前回のつづき)

僕が一番最初に英語学習のメンターにしたのは、歌手のMelody(メロディー)さんでした。(上の写真)

 

メロディーさんは、僕が英語学習を始めた頃にミュージックステーションなどの音楽番組によく出ていました。

 

メロディーさんはご両親が日本人なので、見た目は日本人ですが、生まれも育ちもハワイです。

 

なので、第一言語は英語です。そして、家では日本語で話しているそうなので、第二言語は日本語です。

 

とはいえ、ミュージックステーションなどの音楽番組に出ているときには、メロディーさんは英語は一切話していませんでした。

 

日本の音楽番組に出ている時には、ふつうに日本語だけを話していました。

 

よく英語圏で生まれ育ったバイリンガルの人は、日本語の発音や言葉のチョイスが怪しいことがあるのですが、メロディーさんの日本語は上手で、まったく不自然さはありませんでした。

 

なので、僕はメロディーさんが英語をしゃべれるということをすっかり忘れていました。

 

英語でしゃべらナイト

当時、もうひとつ僕がよく見ていた番組がありました。

それは、NHKの「英語でしゃべらナイト」という英語教育番組です。

 

英語教育といっても、ガッツリ英語レッスンではなく、エンターテイメントの要素が強い内容でした。

 

国際的に活躍する俳優やミュージシャンなどをゲストに招いてインタビューしたり、英語学習に関して議論したり、おもしろい実験をしたりしていました。

 

あるとき、英語でしゃべらナイトの番組の中で、海外の音楽番組のMTVのイベントが日本で行われた時の取材映像が流れていました。

 

たしか、「MTV Japan」 というタイトルのイベントだったと思います。

 

通路にはレッドカーペットが敷かれていて、周りにはたくさんのファンが詰めかけています。

 

そのレッドカーペットを、歌手の倖田來未さんや、Aiさんなどの日本人ミュージシャンと、海外からの大物ミュージシャンたちが順番に歩いていました。

 

その中のひとりにメロディーさんがいました。

 

初めて聞いたメロディーさんの英語

そこでは、英語でしゃべらナイトの番組を代表して、アメリカ人女性のレポーターがマイクを持って、英語でインタビューをするというシーンがありました。

 

海外アーティスト、日本人アーティスト問わずに、ひとりずつ短いインタビューをしていました。

 

倖田來未さんもAiさんも、流ちょうな英語でインタビューに対応していました。

 

「へぇ~!やっぱり大物アーティストになると、英語は普通に使えるんだなぁ!」

 

と思いながら聞いていました。

 

日本人アーティスト3人目のインタビューの時に、メロディーさんが出てきました。

 

僕はこの時、メロディーさんがハワイ育ちだということをすっかり忘れていました。

 

そして、英語のインタビューが始まり、メロディーさんが英語で答え始めました。

 

僕にとっては、この時初めてメロディーさんの話す英語を聞きました。

 

鳥肌モンの英語!

メロディーさんが口を開くと、僕は驚きのあまり、TV画面に目と耳が釘付けになりました!

 

メロディーさんは、水を得た魚のように英語をしゃべり始めました。

 

メロディーさんの話す英語は、僕にはひとつも聞き取れませんでした。

 

あまりにスピードが速すぎ&発音が良すぎて、まったく聞き取れませんでした。

 

その前の倖田來未さんやAiさんの話す英語は、僕の耳にも割と聞き取れていました。

 

でも、メロディーさんは別格でした!ネイティブ発音のあまりの違いにショックを受けました!!

 

何度も巻き戻し

わずか数秒のインタビューでしたが、その衝撃は今でも覚えています。

 

ビデオに録画していたので、同じシーンを何度も巻き戻して聞き直しました。

 

メロディーさんは、英語を話しているときには、明らかに声のトーンが違いました。

 

日本語を話している時とはまるで別人のような声になっています。

 

おそらく、声を出す場所が違うんだと思います。

 

日本語発音 VS 英語発音

日本語はすべての単語の発音が「前に出る」ので、ずっと口の中だけでしゃべっている感じです。

 

でも、英語は口の中だけでなく、腹の底やノドの奥の方から声を出す単語が多くあります。

 

なので、英語は音が前に出たり、うしろに引っ込んだりして、「立体的」に聞こえます。

 

これが、全体的な違いを生み出しているのです。

 

メロディーさんの話す英語からは、この「立体感」を強く感じました。

 

あこがれ

この時、僕は初めて「真のバイリンガル」とはどういうものかを思い知りました!

 

それまでの人生で、本当の意味でのバイリンガルの人を見たことがなかったので、衝撃的でした!

 

メロディーさんのシーンを何度も見返しながら、

 

「こんなに自在に日本語と英語を使いこなせるなんて、カッコいい!!」

 

と感じました。そして、

 

「いつか、自分もこんな風にネイティブっぽくしゃべれるようになりたい!こんなキレイな発音ができるようになりたい!」

 

と強く思うようになりました。

 

それまでは僕にとってメロディーさんは「日本の歌手のひとり」でしたが、この日から、あこがれの対象になりました。

 

そして、僕の「英語学習のメンター」になったのです。

その先も、僕はこのインタビュービデオを何度も見返して、英語学習のモチベーションアップしていました。

そのビデオをネイティブの先生に見せて、メロディーさんが英語で何て言っているのかを書き取ってもらい、そのセリフをマネしながら言ってみたりもしました。

 

それから1年後・・・僕は新しく2人目のメンターに出会うことになりました。

 

・・・つづく。

 

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ