僕が英会話スクールに通い始めたときに、同じクラスメイトとして出会い、友達になったケイタは、当初僕よりずっと文法力や単語力がありました。

一方、僕はダンスで培った「ノリ」で外国人に話しかけたり、場を盛り上げることが得意でした。

僕らは、お互いに長所を生かし合うことのできる、良いコンビでした。

僕ら2人とも同じ初心者クラスでしたが、ネイティブ相手でも、1対2なら、けっこう乗り切れました。

もちろん、相手は英会話スクールの先生です。

日本人の英語学習者のしゃべる英語に慣れています。

手加減して合わせてくれていることは間違いありません。

それでも、初心者の僕らにとっては、コミュニケーションを取れることが楽しくてたまりませんでした。

そして、あるとき、

「先生以外のネイティブの人にもチャレンジしてみたいねぇ!」

ということになりました。

そして、ふたりで英会話スクールの「外の世界」をのぞいてみる計画を練り始めました・・・

・・・つづく。

どんな人を英語学習仲間にすべきか?

僕が「英語学習仲間を作るといいですよ」と言うと、よく、こんな質問を受けます。

「やっぱり、ペラペラな人と友達になった方がいいですか?」

「初心者と一緒にいても、伸びないですよね?」

なんとなく、自分より英語レベルが上の人と一緒にいた方が、いろいろ学べて得な気がしますよね?

でも、実は英語学習仲間を作るのに、「相手の英語レベル」を気にする必要はありません。

それよりも、

「話しやすい」とか、
「気が合う」とか、
「英語に対する熱意が同じ」とか、

そういう人間的な部分の相性で決めるのがいいと思います。普通に友達を作るのと同じ感覚です。

どのレベルにいる人であっても、あなたの上達にメリットがあります。たとえば・・・

 

① 英語力の高い仲間

あなたよりずっと英語力が高くて「スゴい!」と思える仲間は、あなたの「目標」になります。

「自分がなりたい英語力」を実現している人と普段から接していると、だんだん自分にもできる気がしてきます。

すると、「自分の自分に対する評価=セルフイメージ」が上がって、目標が実現しやすくなります。

「心の持ち方」の部分で、一緒に引き上げてもらう感覚です。

 

 

②自分と同じくらいの英語力の仲間

自分と同じくらいの英語レベルの仲間がいると、自分の英語が上達したときに、それを披露したり報告したりするモチベーションが上がります。

良きライバルとして、刺激し合うことができます。

「こっそりTOEICの点を上げて、みんなをびっくりさせてやろうかな?」

などと秘密の計画を練ると、俄然ヤル気が出てくる人もいます。

僕の場合は、最初にできた英語仲間のケイタが、このゾーンにいました。僕らは同じ英会話スクールの同じレベルのクラスを一緒に受けていました。

 

③あなたより低い英語力の仲間

英語学習は、ゆっくりとしたペースで結果が出ます。

なので、「自分がどれだけ上達しているか?」

に自分ではなかなか気づかないことも多いです。

あなたより低い英語レベルの学習仲間がいると、あなたが伸び悩んでカベを感じているとき、自分を客観的に見るきっかけになります。

「そういえば、俺も1年前は、こんな感じだったな・・・それを思えば、けっこう上達してるんじゃないか?あれ、なんか俺、けっこうイケてるんじゃないか?」

という感じで、自分に優しくなれます。

すると、学習モチベーションを取り戻すことができます。

あなたよりも英語力がまだ低い人にとっては、あなたは「スゴい!」と言いたくなる、憧れの存在なのです。

人から、 「○○さん、スゴいですね!」

と言われて、初めて自分の上達っぷりに気がつくことがあります。

それが、モチベーションの回復につながります。

あなたの新しい仲間が、今はまだ「英語を始めたばかりの初心者」でも、すごい向上心でグングン伸びていく潜在力を秘めた人もいます。

そういう人と一緒にいると、熱意が伝染して、

「俺も負けてらんない!」

という気持ちになります。

以上3つの理由から、英語学習仲間を作るときに、「相手の英語レベル」にこだわる必要はありません。

色んなレベルの人と接した方が、むしろ学びは多くなります。

まずは結果を気にせず、気軽に楽しみながら、仲間を増やしてみましょう!

From  Shinya
(英語の達人養成ジム 師範代)
自己紹介は、こちら
こちらですアップ
  
   
  
  
  
  
  

P.S.
楽しくモチベーションをキープしながら英語を学びたいなら、この「英語でマジックができるようになる動画セミナー」があなたに合っているかもしれません。

※ブログの「もくじ」は、こちら