From  師範代Shinya(新村真也)

(→前回のつづき)

「英語のしゃべりのスピードをアップする」ためにやる「瞬間英作文トレーニング」には、3つのステージがあります。

 

第一ステージ

ここでは、同じ「型」だけを繰り返すトレーニングをします。

 

ボクシングで言えば、「ストレートだけ」「フックだけ」「アッパーだけ」とか、型を決めてそればっかり何度も練習する感じです。

 

英語の型の場合は、

 

今週は「be going to ~」で予定を表す型をマスターする!

 

という風に決めます。

 

そして、

 

I am going to play tennis.

 

He is going to play tennis.

 

She is going to play tennis.

 

They are going to play tennis.

 

みたいな感じで、同じ「型」を繰り返して声出ししていきます。

 

無意識レベルでパッと言葉が出るようになるまで、繰り返します。

 

They is going to ~とか、

 

He are going to ~とか、

 

変な組み合わせでしゃべらないようにするには、型を身体に刷り込んでいくのがベストです。

 

この第1ステージ専用に作られたテキストはこれです。

↓↓↓

「どんどん話すための瞬間英作文」
 
 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

 

第2ステージ

「型ごとのパターン」を身体に刷り込んだ後に行うトレーニングは、「シャッフルトレーニング」と「コンビネーショントレーニング」です。

 

シャッフルトレーニング

シャッフルトレーニングというのは、ボクシングで言えば、トレーナーがミットを持ちながら、

 

「フックじゃ!」

 

「次はアッパーじゃ!」

 

「次はストレートじゃ!」

 

という感じでミックスしながら指示を出すのと似ています。ボクサーはトレーナーの指示に合わせて毎回違うパンチをバンバン打っていく感じです。

 

英語だったら、

 

「現在形じゃ!」

 

「次は過去形じゃ!」

 

「次は助動詞じゃ!」

 

という感じで、毎回違う文型が来ます。瞬時に対応しなければならないので、素早い反射神経と瞬発力が必要です。

 

コンビネーショントレーニング

コンビネーショントレーニングというのは、文字通り色んな型を組み合わせて連続して打っていくトレーニングです。

 

ボクシングで言えば、

 

ストレート

フック

アッパー

 

という感じで、流れるようにつなぎながら、止まらずに打ち続けるようにします。相手に反撃するスキを与えません。

 

英語で言えば、

 

I like sushi.

(私はスシが好きです。)

 

I also like sukiyaki.

(私はスキヤキも好きです。)

 

という文章をつなげて、

 

I like sushi and sukiyaki.

(私はスシとスキヤキが好きです。)

 

と1つの文章の中でコンビネーションで打ちます。

 

もう少し高度な技になると、

 

I have a friend.

(私には友達がいます。)

 

He lives in Canada.

(彼はカナダに住んでいます。)

 

という2つの文章をつなげて、

 

I have a fried who lives in Canada.

(私には、カナダに住んでいる友達がいます。)

 

という感じで長い文章にします。

 

これが、コンビネーショントレーニングです。

 

かなり負荷が高いですが、できるようになるとカッコいいです。

 

周りから見ると、「スゲ-!あの人、ペラペラだ!!」となります。

 

第2ステージ専用に作られたテキストは、これです。

 

↓↓↓

「スラスラ話すための瞬間英作文」
 
  

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

第3ステージ

ここまで使ってきた「型」は、中学英文法の範囲内でやってきましたが、ここから先はその制限を取り払って、自由に技を練習していきます。

 

ボクシングで言えば、

 

「もう、パンチだけじゃなくてキックも使っていいよ。」

 

「何なら、投げ技とか関節技も使っていいよ。」

 

という感じです。

 

まさに、「バーリ・トゥードゥ」です。

 

(格闘技に詳しくない方は何言ってるのか分からないと思うので、ここはサラッと流してくださいね)

 

英語だったら、

 

「未来完了形」

「仮定法」

「仮定法過去完了」

 

とか、マニアックな内容の文法でも好きなようにトレーニングしていきます。

 

でも、ちゃんと第1ステージを卒業している人にとっては、この「難解レベル」と言われている文法は、もはや敵ではありません。

 

受験生が苦しんでいる「難解英文法」も、しょせん、中学英文法の延長線上に過ぎないことに気づくようになります。

 

それはまるで、マジックのタネが分かった時のような感覚です。

 

「あ~!なんだ!こんなにカンタンなことだったのか!」

 

という感じですね。(マジシャンとしてはありがたくない状況ですが…)

 

 

とりあえず第1ステージ

以上が、瞬間英作文の3つのステージです。

 

この3つの中でどこが一番大事か?と聞かれたら、僕は迷わず「第1ステージ!」と答えます。

 

第1ステージさえしっかり固めておけば、後はどうにでもなります。

 

すべては第1ステージをどれだけのレベルで仕上げられるか?にかかっています。

 

ちゃんとしたストレートパンチが打てないボクサーが、焦って先へ進んでコンビネーションの練習をしても、強くはなれません。

 

英語も同じです。

 

次回は、僕自身の瞬間英作文トレーニングの体験談をお伝えしますね。

 

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら
 
自己紹介は、こちら

こちらですアップ