From  師範代Shinya(新村真也)

(※僕がカナダで一人旅していた頃の体験談です)

(→前回のつづき)

朝、二階のベッドの上で目を覚ますと、見慣れない光景が目に飛び込んできました。

 

「どこだ?この部屋は?・・・あ!そうだ!昨日からトロントに来てるんだった!」

 

よく、旅先で寝た後に目を覚ますと、自分がどこにいるのか分からなくなることがあります。

 

しばらくボーッとしていると、一階から声と物音が聞こえてきました。

 

「あっ!ジェフが帰ってきたのか?」

 

僕はさっそく、着替えて下に向かいました。

 

ジェフと初対面!

階段を降りていくと、広いリビングに男女ふたりがいるのが見えました。

 

ヒゲをボーボーに生やした男性がイスに座ってコーヒーを煎れています。

 

そして、髪の長い女性が立ってキッチンで何か作っています。

 

僕が起きてきたのに気づくと、ふたりは笑顔で、

 

「Hi! Shinya!」

 

と声をかけてくれました。

 

男性はイスから立ち上がりました。

 

うぉっ!デカい!!

 

ものすごい背が高いです!身長は2メートル近くありそうな感じです。

 

「Hi! I’m Jef!」

 

そう言いながら、大きな手で僕にガッチリ握手してきました。

 

僕もすかさず、力強く握り返しました。ついにジェフに対面です!

 

ひげ面と背の高さのせいか、思ったよりずっと威圧感があります。

 

そして、ジェフが女性を紹介していきました。

 

「こちらは、俺の彼女、メアリー。」

 

そういって紹介された女性もまた、背が高いです!

 

たぶん180センチ近くあります。

 

ふたりとも青い目をした白人です。バンクーバーにいたときには、街を歩いていても白人の比率は少なく、留学生仲間にもヨーロッパ人はいましたが、身長は180センチくらいでした。

 

でも、ジェフは本当に大きいです。後で本人に聞いたら、身長は198センチでした。

 

ジェフもメアリーもスタイルがよく、太っていません。

 

ふたりがリビングで朝食を作っている姿は、まるで映画の中のワンシーンを見ているかのような光景でした。

 

朝食

「今、朝食を作っているから、シンヤも食べなよ。」

 

ジェフが僕をテーブルに座るよう、促しました。

 

「ありがとう!」

 

そう言って座ると、メアリーがトーストとコーンスープを持ってきてくれました。

 

パンもデカいです!

 

カリカリに焼けたトーストにバターを塗って、コーンスープと一緒に食べました。

 

シンプルだけど、めちゃくちゃおいしいです!!

 

僕がビッグなリアクションで、「おいしい!」を連発すると、ジェフとメアリーはニコニコしながら、

 

「おかわりはご自由に。」

 

と言って、パンの入った袋を僕の前にドーン!と置きました。

 

 

自然な雰囲気

僕らは朝食後もしばらくリビングで話していました。

 

ジェフ「この家はすぐ分かった?」

 

僕「うん、分かったけど、けっこう緊張したよ。念のため、タクシーの運転手さんに入り口で待っててもらって、おそるおそる鍵を開けたら、ここで合ってた。」

 

ジェフ「じゃあまあ、一発で当たったってことか。良かったね。」

 

僕「そういえば、風船を玄関のドアに付けて目印にするって言ってたけど、見当たらなかったよ。」

 

ジェフ「あ、しまった!すっかり忘れてた!ゴメン、ゴメン!」

 

(忘れたのかい!そこけっこう目印として頼りにしてたんだけどな・・・ま、いっか。結局迷子にならなかったし!)

 

僕「大丈夫だよ。家はすぐ見つかったからね。」

 

そんな会話をしばらく続けていました。

 

それにしても、なんというか、雰囲気が「普通」です。

 

昔から知り合いだったかのような、いつも一緒に住んでいるルームメイトのような、そんな雰囲気が漂っています。

 

「初対面&客人としてお呼ばれした」という感じではありません。

 

ジェフもメアリーも、必要以上に僕に気を遣っている雰囲気はありません。

 

そこがまた、居心地の良さを感じます。

 

文化の違い

このあたりは、日本との文化の違いを感じます。日本人は、知らない人にはけっこう警戒心を強く抱きます。

 

たとえ友人の友人であっても、初対面の人を家に泊めるのは抵抗がある人が多いです。

 

もし客人を呼んだ場合は、気を遣ってお茶を出したりお菓子をたくさん出したりします。

 

でも、欧米文化は知らない人に対しても間口が広いというか、受け入れる姿勢があります。

 

客人を呼んでもリラックスしていて、あれこれ気を遣わないことが多いです。

 

僕は自分が丁重に扱われるよりも、こういう風に気楽に接してくれた方がありがたく感じます。

 

しばらく話した後、ジェフは僕に予想外の提案をしてきました。

 

・・・つづく。

 

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら
 
自己紹介は、こちら

こちらですアップ