初めての外人バーに潜入した、ある夜のこと。

飲み物を注文し、出てきました。
しかし、その時点で僕と、友達のケイタのふたりの用意した「話のネタ」は尽きていました。

無理もありません。

僕らは、英会話スクールに入学してまだ数ヶ月しかたっていないのです。

週1回50分のレッスンの中で学んだフレーズを出し尽くすのに、15分もかかりませんでした・・・

そして、目の前に出されたグラスに、なみなみと注がれたドリンク。

目の前には、イギリス人のバーテンが、話のつづきをしようと、笑顔でこっちを見つめています。

ピンチです!!!

そこで、僕はバッグの中に手を伸ばし、例の

「秘密兵器」

を取り出しました。

まさか、こんなに早い段階で、これを出すことになろうとは・・・

それに、まだこれがうまくいくかどうかも分かりません。めっちゃ緊張してきました!!

おそるおそる、バッグからマジックグッズを取り出すと、用意していたセリフを言いました。

「あいむ あ マジシャン!!」

ジョンが、

「オーゥ!!!」

という大きな声を上げ、

「ぜひ、見せてくれ!」

みたいな感じになりました。

そこで、用意してきたセリフの紙を念のためポケットに入れて、マジックの演技を始めました。

簡単な予言のマジックでしたが、途中でセリフが飛ぶわ、緊張で手がふるえて失敗しそうになるわで、冷や汗ダラダラになりました。

でも、最後に当たった瞬間に、

ドカン!!

と大盛り上がりになりました!!

マジックが成功したのです!!

すると、離れたテーブル席にいた外国人のお客さん3人が、その異常な盛り上がりに気づき、こっちをチラチラ見ています。

ジョンがすかさず、

「He’s a magician!」

と叫びました。

すると、むこうのテーブルでも、

「こっちでも見せてくれ!(←英語で)」

という声があがりました。

そこですかさず、ネタをセットし直し、テーブル席に向かいました。

一度やってうまくいったせいか、アドレナリンのせいか、さっきより緊張もとけて、自分のテンションが上がってるのが分かります。

1回目よりもスムーズに演技が成功すると、このテーブルでも、

ドカーン!!

と盛り上がりました。

やっぱり、外国人は盛り上がり方が違います!!
ものすごい大きな声で、目を大きく見ひらいて、テンションMAXで

「オーマイガー!!」

とか言ってくれるのです!!

その気持ちいいこと!!

なんか、自分が英語がしゃべれるとか、しゃべれないとか、どうでもよくなるくらい、彼らとつながっている感じがして、僕のテンションもMAXになりました!!

(あ~!来て良かった・・・)

そんな気分になっていました。

すると、その直後、さらに驚くことが起こりました!!

彼らは、おもむろにポケットに手を伸ばすと、財布を取り出して、僕に「チップ」をくれたのです!!

もらったのはトータルで500円でしたが、これが僕にとって

「会社の給料以外でお金をもらう」

ことの初めての体験になりました!!

これは、不思議な感覚でした。

海外は、チップ文化です。

すばらしい芸を見たら、自然に財布を取り出して、チップをくれます。

その後は、ジョンと彼らが僕に、

「どこでマジック習ったの?」

とか、

「どのくらいやってるの?」

「プロでやってるの?」

とか、マジックに関する質問を次々と浴びせてきました。

でも、これらはあらかじめ「想定内の話題」の質問だったので、僕は事前に答えを用意して、バッチリ丸暗記していました。

なので、スムーズに受け答えすることができました。

もちろん、相手の言っていることで分からない部分がたくさんありました。

でも、バーから出る頃には、

「初めてにしては、けっこう良くやった方じゃない?俺たち!」

と、ケイタと一緒にハイタッチをしていました。

「また、ぜったい来ようぜ!!」

と、ふたりで誓い合いました。

・・・つづく。

 

 

自分の得意分野に話題をシフトする

今回の僕の

「外人バーデビュー戦」

がうまくいったのは、

「事前準備」

があったからです。

僕は、マジックを見せればその話題に話をシフトできるだろうと考え、その準備をしていました。

もちろん、初めてだったので、

うまくいくのか?
外国人相手にウケるのか?

まったく未知数でした。

結果、ドカンとウケて、話題をマジックに持って行くことができました。

どんなに英語ができても、自分の得意分野以外のことは、会話をつづけるのは難しいものです。

日本語だってそうですよね。

サッカーを見ない人が、サッカーの話題についていくのは、日本語でも難しいです。

 

マジックの持つ3つのパワー

今回、あらためて「マジック」というジャンルの持つパワーを知りました。

サプライズは、本当に国境を越えるんだな!

という実感がひしひしと伝わってきました。

このときの経験から、マジックは

「3つの大きなパワー」

を秘めていることに気づきました。

 

① マジックは、人の感情を大きく揺さぶる

それまで静かに飲んでいた人たちが、僕のマジックを見て、大騒ぎになりました。それを見て、「いかにマジックが人の心をゆさぶるか?」を実感しました。

 

② マジックは、見ている人を笑顔にする

マジックを見ている人の顔は、キラキラ輝いています。好奇心と驚きに満ちていて、大人もまるで子供のような表情になります。これは、マジックを演じているマジシャンにしか見えない光景です。

 

③ マジックは、人と人をつなげる

マジックが始まると、店内にいるお客さんたちが、ひとつのテーブルの周りに集まってきます。そして、みんなで驚きと感動を共有します。

すると、その場の空気に「親近感」が生まれます。そこから、会話が生まれ、さっきまで離れたところに座っていた人同士が、急に親しげに話し始めたります。マジックは、その場にいる人たちみんなを「つなげる」効果があるのです。

僕はこの夜、初めて

「マジックというジャンルの持つパワー」

を実感しました。そしてその後、マジックで人を笑顔にすることの楽しさに、どんどんのめり込んでいきました。

でも、この頃はまだ、ジーンズショップの雇われ店長だった自分が、数年後にプロマジシャンとして、弟と一緒に数百人規模のステージに立つ日が来るとは、夢にも思ってもいませんでした・・・

From  Shinya
(英語の達人養成ジム 師範代)
自己紹介は、こちら
こちらですアップ
    
     
    
    
    
    
    
 

※ブログの「もくじ」は、こちら

P.S.
「対ネイティブ用秘密兵器」を、動画で楽しく学べるセミナーを作りました。