From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
僕の大好きな作家の本田健さんの教えの1つに、
 
 
「お金のゲームに勝ち続ける」
 
 
という考え方があります。健さんは、お金の専門家として、たくさんのお金持ちを見てきた結果、「お金のIQが高い人」は、何かを買うときに、常にそれを「お金のゲーム」だと捉えて買うかどうかを決めているそうです。
 
 
「払ったお金と見合うだけの価値を手に入れることができるか?」
 
 
を基準に考えて、もし見合わないと思ったら、たとえ100円でも50円でも買わない。逆に、
 
 
「この買い物は価値に見合う」
 
 
と判断したなら、100万円でも200万円でも惜しみなく使う。
 
 
そういう人が、お金のIQの高い人だそうです。
 
 
そして、お金のIQの高い人は、常にお金のゲームに「勝ち続ける」ことを意識しているそうです。
 
 

ウォークマンのAシリーズ

その観点で見ると、ウォークマンのAシリーズを2万円台で買うことは、僕にとっては「お金の交換ゲームに負ける」ことを意味します。
 
 
音楽にこだわりのない僕にとって、ウォークマンは完全に英語学習用です。
 
 
だったら、1万円前後でスピードコントロール機能の付いている音楽プレーヤーを買った方がいいです。
 
 
もし、自分の条件を満たすなら、ブランドはウォークマンである必要すらありません。
 
 
そんな視点で見ていたら、発見してしまいました!!
 
 
激安の音楽プレーヤーを!!
 
 

中国製の電化製品が、今熱い!!

実は今、中国製の電化製品市場が密かに盛り上がっています。
 
 
昔は中国製の電化製品は、「安かろう悪かろう」の代表格といった印象が僕の中でありました。
 
 
そっくりマネしたコピー品の劣化版ばかり作っている、というイメージがあったのです。
 
 
でも、YouTube動画のガジェットレビューを見ていると、ここ数年で中国の技術レベルは急激にアップしているようです。
 
 
そしてついに、2018年の終わりには「世界初の超小型の超高性能ビデオカメラ」を発売して、世界中のガジェット好き人間たちが熱狂しました。
 
↓↓↓
「オズモ・ポケット」
 
 

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
そんな、「日本の高度経済成長期」のような躍進をしている中国が作った音楽プレーヤーが、魅力的に見えてきたのです!!
 
 

中国製音楽プレーヤーの実力

少なくとも、アマゾンのレビューや商品説明文を見る限りでは、中国製の音楽プレーヤーは、かなりのハイスペックです。
 
 
僕が心底から望んでいる、
 
 
「スピードコントロール機能」
 
はもちろん、ウォークマンについている機能はほぼ全て完備しているように見えます。
 
 
ただ、説明文の日本語がなんか変だし、最近アマゾンのカスタマーレビューは「ステルス・マーケティング(やらせ投稿)」が増えてきているので、特に中国系の製品のカスタマーレビューは参考にしていいのか疑問です。
 
 
とはいえ、安いのです!!
 
 
だいたいどのモデルも税込み3,000円台前半~後半で買えてしまいます。
 
 
見た目も機能も、悪くなさそうです。
 
 

安物買いの銭失い

でも、日本には「安物買いの銭失い」という、超恐ろしいことわざがあります。
 
 
安さだけに惹かれて買うと、結局使わなかったり、すぐ壊れたりして、損をすることになるぞ!という戒めの言葉です。
 
 
僕の中では、日本製で1万円前後でスピードコントロール機能の付いている音楽プレーヤーが欲しいのですが、ちょうどその価格帯では見つかりませんでした。
 
 
そして、中国製音楽プレーヤーが気になって仕方ない状態になりました。
 
 
これはもう、「お金の交換ゲーム」に負ける覚悟で試すしかない!
 
 
ブログ読者さんたちを代表して、自分が実験台になるしかない!!!
 
 
そう覚悟を決めて、「アマゾンベストセラー」になっている、3,999円の中国製音楽プレーヤーを買ってみました。
 
↓↓↓
 
その結果、今の時点では、「お金の交換ゲームに勝った!」と思える結果になったので、ブログで紹介しようと思いました。
 
 
とりあえず現時点でお伝えできる僕の中での結論は、「これは買い!」です。
 
 
詳しくは、次回の記事でお伝えします。
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ