From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
 
前回の記事では、僕の考えるEX-wordのトップ3、
 
 
①プロフェッショナルモデル(予算がある人向け)
 
↓↓↓
 
 
 
②英語モデル(バランス型)
 

↓↓↓

カシオ計算機 XD-SX9800WE 電子辞書 EX-word XD-SX9800 (200コンテンツ/英語モデル/ホワイト)

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 
 
③高校生モデルの上級版(コスパ重視)
 

↓↓↓

カシオ計算機 XD-SX4900BK 電子辞書 EX-word XD-SX4900 (240コンテンツ/高校生英語強化モデル/ブラック)

(↑※この写真か文字をクリックすると、アマゾンの販売ページへ行けます)

 
のうち、①と②を詳しく深掘りしました。
 
 
今回は③の高校生モデルを見ていきましょう。
 
 
 

③高校生モデルの上級版(コスパ重視)

 
EX-wordの高校生モデルには、2種類あります。
 
 
ノーマル版(SX4800)と上級版(SX4900)です。
 
 
パンフレットを見ると、キャッチコピーが、
 
 
ノーマル版=語学検定・英文法に強い。6教科&大学受験をサポート。
 
 
上級版=英語コンテンツを強化。ハイレベルな英語学習に対応。
 
 
と書いてあります。
 
 
正直、どっちも英語学習者向けのような言い回しです。
 
 
まず結論からお伝えすると、上級版を買った方が良いと思います。
 
 
価格の差は1,000円~3,000円程度です。(どこで買うか?いつ買うか?によって価格は変動します)
 
 
この程度の価格差であれば、上級版がオススメです。
 
 
パンフレットの巻末の「収録辞書一覧」を見ると、違いが分かります。
 
 
英語系の収録辞書の多さという点では、上級モデルの方が多いです。
 
 
たとえば、「英文法に強い」と書いてあるノーマル版には、英文法書が3冊収録されています。
 
 
・ジーニアス総合英語
 
・Evergreen
 
・Vision Quest総合英語
 
 
の3冊です。
 
 
一方、上級モデルの方には、この3冊に加えて、
 
 
・ロイヤル英文法
 
 
も入っています。
 
 
また、資格試験の問題集を見てみると、
 
 
・どちらのモデルも英検の過去問や単語帳は全部の級が入っています。
 
 
・TOEICの問題集の収録冊数は、ノーマル版=7冊、上級版=7冊で、同じです。(種類は少し違います)
 
 
・留学に必要なTOEFLの問題集は、上級版にしか入っていません。
 
 
こうして見ると、はやり上級版の方がお得感があります。
 
 
 

ジーニアスの英和大辞典は入っていない

 
ちなみに、高校生モデルはジーニアスの英和大辞典は入っていません。
 
 
調べた英単語の語源が載っているジーニアス英和大辞典は便利なのですが、ここを妥協できるかどうか?が、高校生モデルを選ぶ理由になります。
 
 
初級者であれば、ふだんの音読や瞬間英作文のテキストの中にはまだ語源学習法で学ぶ必要のある英単語はは出てきません。
 
 
また、語源は別の本で学ぶから問題ない、という方は、コスパの良い高校生モデル(上級版)がオススメです。
 
 

まとめ

 
これまで8回に渡って、2021年の電子辞書の選び方をお伝えしてきました。
 
 
もう一度全部まとめます。
 
 
コスパ重視であれば、シャープのBrainの最上級モデルがオススメです。
 
 
去年か一昨年のモデルを選べば、収録辞書に対するコスパは最高になります。
 
2020年モデル(お得)
↓↓↓
 

シャープ 電子辞書 高校生上位モデル(ネイビー系)【2020年 春モデル】SHARP Brain(ブレーン) PW-SS7-K

(↑※この写真か文字をクリックすると、アマゾンの販売ページへ行けます)
 
 
2019年モデル(最安)
↓↓↓
 

シャープ カラー電子辞書 Brain 高校生向け上位モデル ネイビー系 2019年春モデル PW-SS6-K

(↑※この写真か文字をクリックすると、アマゾンの販売ページへ行けます)
 
 
どの年式にも、僕がオススメする辞書トップ3、
 
 
・ジーニアス英和大辞典
(語源学習法ができる)
 
 
・ロングマン英英辞典
(英訳がシンプルで伝わりやすい)
 
 
・オックスフォード現代英英辞典
(ハイレベルな英単語もバッチリ収録)
 
 
が収録されています。
 
 
一方で、カシオのEX-wordの中から選ぶのであれば、
 
 
・プロフェッショナルモデル
 
・英語モデル
 
・高校生モデル(上級)
 
 
の3択がオススメです。
 
 
カシオの良さは、シャープのBrainシリーズにはない「プロフェッショナルモデル」の選択肢があることです。
 
 
さらに、液晶画面の文字の見やすさという点では、カシオの方が一歩リードしています。
 
 
そして、これは個人的な好みになりますが、
 
 
「乾電池駆動」
 
 
という点も、カシオを選ぶ理由になります。
 
 
人によっては「充電型がキラい」というケースがあるからです。
 
 
あなたはどっち派でしょうか?
 
 
もし最初の一台を買うなら、
 
 
・最初から高いモデルにして満足度を上げるか?
 
 
・とりあえず使いこなせるかどうか?を試すためにエントリーモデルを選ぶか?
 
 
をじっくり考えてみるのがオススメです。
 
 
もし今の旧型から買い換えるなら、
 
 
・コスパ重視で行くか?
 
 
・使いやすさと満足感重視で行くか?
 
 
をじっくり考えるのが良いでしょう。
 
 
電子辞書選びに正解はありません。
 
 
ただ、今回の僕の分析情報が、あなたの電子辞書選びの参考になったら嬉しいです。
 
 
(完)
 
 
 
 
 
僕が使っているカシオの電子辞書「EX-word(プロフェッショナルモデル)」の最新型はこちら
 
↓↓↓
 
(↑※この写真か文字をクリックすると、アマゾンの販売ページへ行けます)

 

 
 

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓