From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
僕が最近「12年ぶりのリベンジ」として買った音読トレーニング用テキストのお話の続きです。
 
 
僕は最近、CNNの「セレブインタビューズ」という本を買って練習し始めました。
 
 
この本は、英語学習者にとって最も難易度の高い「ネイティブ向けの早口&いい加減アドリブ」の会話がたっぷり収録されています。
 
 
この本を音読トレーニングで仕上げることで、一段上の領域に行けるかもしれません。
 
 
僕は今の自分の英語力が「ネイティブレベル」だとはまったく思っていません。
 
 
これはおそらく、多くの英検1級ホルダー&TOEIC900点ホルダーが感じていることでしょう。
 
 
そして、多くの上級者にとって、「ここから上に行くには、どうしたらいいんだろう?」というのが悩みのような気がします。
 
 
というのも、このレベルになると、海外旅行やネイティブとの1対1の会話では特に困ることはないからです。
 
特に必要に迫られてこれより上のレベルを目指す必要はない。
 
 
けど、ネイティブや帰国子女の人たちとの間には、明らかな開きを感じる。
 
 
その差を埋めるにはどうしたらいいか?
 
 
その解決策のひとつが、この「セレブインタビューズ」かもしれません。
 
 
僕はそれを試してみることにしました。
 
 
 

音読トレーニングの3ステップ

音読トレーニングのやり方は、大きく分けて3種類あります。
 
 
①テキストを見ながら声出し(オーバーラッピング)
 
 
②テキストを見ないで声出し(シャドーイング)
 
 
③テキストを見ながら声出し(素読み)
 
 
の3つです。
 
 
ただ、僕の場合はこの台本を見ても知らない英単語はほとんどないので、①のオーバーラッピングは外して、②のシャドーイングと③の音読(素読み)を交互に繰り返すようにしました。
 
 
とはいえ、②のシャドーイングはあまりにも速すぎてついていけないので、最初はCDの再生速度を50%
まで落として、なおかつテキストを見ながらタイミングを合わせて声出しします。
 
 
テキスト無しのシャドーイングができるようになってくるのは、トータルの声出し回数が20回を越えたあたりからです。(台本の難易度にもよりますが)
 
 
そして、トータル音読回数が30回になる頃には、ほぼ同じタイミングでスムーズに言えるようになってきます。
 
 
1日6回×5日間=30回
 
 
という感じです。
 
 
30回というのは、音読トレーニングで効果を得られるミニマム回数と言われています。
 
 
僕の場合は、TOEIC900点を超えたあたりから、初見の英文でも30回音読すればほぼ身体に刷り込まれて、長期記憶としてストックされるようになりました。
 
 
 

何度もつっかえる場所は気にせず先へ進む

もちろん、中には30回ではスムーズに言えない部分もあったりします。
 
 
同じ場所で何度もつっかえたり、自分の英文読み上げスピードが、どうしてもCDのネイティブスピードに追いつけないことがあります。
 
 
その場合は、試しにもう5~10回ぐらいは多めに音読します。
 
 
でも、そこまでやってもダメだったら、あまり気にせずに、サッと切り上げて次へ移るようにしています。
 
 
同じ場所で何度もつっかえているよりも、気にせず先へ進んで新しい内容をやり始めた方が、モチベーションが保てます。
 
 
それに、先へ進むことで自分のレベルが上がります。(今回の僕の場合は、発音スピードのレベルです)
 
 
自分のレベルが上がれば、また戻ってきた時に、以前つかっえていた場所が自然に言えるようになっている
・・・という経験を、今まで何度かしてきました。
 
 
 

使いやすい台本

台本は2~3分の内容を、30秒ぐらいの長さでいくつかのセクションに分けられているので、音読トレーニングがとてもやりやすいです。
 
 
まさに、「かゆいところに手が届く」教材です。さすが朝日出版社のシリーズです!
 
 
・・・つづく。
 
 
※出版記念として全国で期間限定セミナーを開催します。情報はこちらをクリック
 
————————————–

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「ハイブリッド型英語トレーニング動画セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

あなたの「やる気と才能」を引き出す、Saya(師範代Shinyaの妻)のオンライン対面セッションはこちら

※師範代Shinyaの本:「やり直し英語革命」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ