from 師範代Shinya
 
(→前回のつづき)
 
 
スピードラーニングのような、聞き流し系教材というのは、どの程度効果があるのでしょうか?
 
 
試した人達の声の中には、
 
 
「本当に聞き取れるようになりました!」
 
 
という声もあれば、
 
 
「まったく効果ありませんでした。」
 
 
という声もあります。
 
 
効果がある人とない人には、どんな違いがあるのでしょうか?
 
 
実は、聞き流し教材が効果を発揮する段階(レベル)が3つあります。
 
 

聞き流し英語が効果を発揮する3つのレベル

 
①超初心者
 
②文法上級者でリスニング初級者
 
③上級者
 
 
この3つの段階にある人達は、聞き流し英語で効果を感じやすいです。
 
 
1つずつ解説します。
 
 

①超初心者

 
超初心者とは、英語の発音に触れるのが初めての人のことです。
 
 
英語を大量に聞き流すことで、
 
 
「へぇ~!英語ってこんな風に発音するのか!」
 
 
という、音慣れの練習になります。
 
 
まだ英語を聞いたことがない小さな子供には有効だと思います。
 
 
また、大人の場合も、自分が知っている日本語のカタカナ英語と、ネイティブ発音との違いを学ぶには役立つでしょう。
 
 
たとえば、「アップル」をネイティブ発音では「アポー」と発音する、などです。
 
 
(これは台本を見て英単語の意味が理解できている場合に有効です。ただ英語だけを聞き流しても、「アップル=アポー」とは結びつきません)
 
 
やり直し英語の初心者状態の時に、軽いウォーミングアップとして聞き流し英語をやるのは、良いと思います。
 
 
※ただし、聞いているだけで急に聞き取れるようになったり、英語が口からポンポン飛び出てくることはありませんので、過剰な期待は禁物です。
 
 
 

②文法上級者でリスニング初級者

 
「学校英語で学んだ文法の基礎知識は頭に入っているけど、リスニングは苦手」
 
 
という人は多いと思います。
 
 
そういう場合は、英語→日本語という順番で流れる英語を聞き続けると、リスニング力の上達を感じるケースがあります。
 
 
英語の文法がある程度頭に入っていれば、英語の語順は分かります。
 
 
日本語で何を言っているか分かれば、英語の語順に並べ替えて理解することができます。
 
 
文章を見て理解できることを聞き続けた場合、耳が慣れてきて、文章と音が一致するようになってきます。
 
 
ただし、この現象が起こるのは、聞いている英文の理解度が100%に近い場合のみです。
 
 
つまり、
 
 
「読んだらすぐ意味が分かるけど、聞いたときにはパッと分からない」
 
 
という英文なら、聞き流しを続けて聞き取れるようになってくる確率が高いです。
 
 
でも、自分のキャパを越えている文法や英単語で書かれた英文の場合は、何度聞いても、聞き取れないでしょう。
 
 
そもそも、どの英単語がどの日本語に対応するのか分からなければ、日本語の意味を聞いても理解できません。
 
 

③上級者

 
上級者とは、文法、ボキャ、発音ともにかなり高いレベルまで鍛えられている人です。
 
 
英語テストで言えば、TOEIC860点以上、英検準1級以上ぐらいが目安です。
 
 
このレベルにある人は、聞き流し教材で使われているレベルの英文は100%聞き取れる確率が高いので、英語がしっかり耳に残ります。
 
 
BGMのように片耳から片耳へと流れていってしまうことはありません。
 
 
聞いた瞬間に正確にリピートすることもできるでしょう。
 
 
もし、聞き流し教材の中に、
 
 
「自分が知っている英単語の組み合わせで、今まで聞いたことのない言い回し」
 
 
が入っていた場合は、何度か聞き流しているうちに記憶に定着して、英会話の中でポン!と出てくるようになるでしょう。
 
 
以上が、聞き流し英語で効果を感じやすい人の3つのレベルです。
 
 
おそらく、聞き流し教材を買う人の中でこの3つのレベルにある人は、少数派だと思います。
 
 
・・・つづく。
 
 
 
 
 
 

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓