【たまに「背伸びした英語」を練習するメリット④】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)(→この記事のシリーズを1話目から読む

次に僕が背伸びした英語学習をしたのは、英検1級を受験した時でした。

当時の僕は、TOEICで知らない英単語がだいぶ減ってきて、コンスタントに900点超えの点数が取れるようになって、自信がついてきた頃でした。

TOEICテストでは、900点を超えた後に満点までの「残り90点」を埋めるためには、それまでとは違う練習が必要になります。

英単語力を伸ばすというよりも、

・読めば分かるレベルの英文を、より素早く読む

・テスト問題に仕掛けられたトリックを見破る(ひっかけ問題を見抜く)

というテクニック的な部分が必要になってきます。

これを楽しめる人もいると思いますが、僕の場合は性格的にこういう練習は、あまり好きになれませんでした。

一時期は990点満点を狙ってガンバっていましたが、練習問題を読むのがあまりに退屈になってしまい。刺激が欲しくなってきました。

そこで、僕の周りの900点ホルダー達の先生達が恐れていた、英検1級に手を出してみることにしたのです。

「TOEICのリーディング問題が全部読めても、英検1級のリーディング問題はまったく読めない」

というのが、先生達の間でよく言われていたことでした。

英検1級問題集を見た時の衝撃

僕は、おそるおそる英検1級の過去問を買って、解いてみました。

すると・・・

確かに、まったく読めませんでした!!

これは・・・難しい!!

何が書いてあるのか?さっぱり分かりません。

まだこんな世界があったのか・・・

僕は4年前を振り返ってけっこう遠くまで来たつもりでしたが、まだまだ先があることを肌身で感じました。

初めてDUO3.0やCore1900に手を出した時の、あの衝撃を思い出しました。
ふだんのトレーニングでは、負荷の高いトレーニングはモチベーションダウンにつながります。

でも、たまには怖いもの見たさで「激辛ラーメン」のようなテキストに手を出すのも、刺激があって楽しいものです。

僕は、激辛ラーメンを食べられるところまで食べてみることにしました。

英検1級に対抗するための「上級魔法の書」

英検1級に対抗する力を身に付けるためには、英検1級問題と同じレベルの英文素材を音読するしかありません。

ゲームの世界で言えば、「上級魔法の書」です。

「いよいよ、速読速聴英単語シリーズの最高峰に手を出す時が来た!」

と僕は思いました。

英語学習界の「上級魔法の書」とは、Core1900よりさらに難しい、最上位レベルの「Advanced 1000 (現1100)」のテキストです。

以前、本屋さんでチラ見した時には、あまりの難しさに恐怖を感じて、そっと元の棚に戻したことがありました。

そして今、ついにAdvanced1000の封印を解く時が来たのです!

僕は、本屋さんでテキストを買って、部屋に正座し、おそるおそる魔法の書を開きました。

ユニット1の英文を見てみました。

「う・・・分からない・・・」

僕はあまりの分からなさに、愕然としました。

ガンバって何度も読み返してみましたが、意味が取れません。

日本語訳を読んだら、言っていることは分かりました。

英単語も、知らないものは覚えればいいだけです。

でも、「なぜこの構文でこの日本語訳の意味になるのか?」そこが分からないのです。

1文が長すぎて、意味の切れ目もよく分かりません。

てっきり構文の難易度はCore1900と同じぐらいだと思っていたので、この違いは衝撃的でした。

まだ上があったのか!

という感じです。

高級紙の記事

これは後から、「Core1900とAdvanced1000の巻末の引用元注釈」を見て知ったのですが、Core1900は英字新聞の切り抜きが多く、Advanced1000は専門誌の切り抜きが多いことが分かりました。

専門誌は、新聞に比べて学術寄りというか、マニアックな内容が多く、ネイティブの中でも特に教養豊かな人が読むようなジャンルです。

「高級紙」なんて呼ばれ方もします。

そんなレベルの英文が詰まっているAdvanced1000のテキストは、当時の僕には刺激が強すぎました。

どんなにガンバって読み返しても、声に出しても構文が理解できず、ユニット1の時点でイヤになってしまったのです。

僕には、この激辛ラーメンはまだ刺激が強すぎたようです。

僕は、とりあえずAdvanced1000のテキストに再び封印をかけて、そっと本棚にしまいました。

 

・・・つづく。(→この記事のシリーズを1話目から読む

 

※松本先生の「背伸び英語学習法」の講演会を録画視聴したい場合は、こちらからお申し込みできます。
↓↓↓

http://www.joyworld.com/adult-news/adult-catc/2022/06/post-1625.php

(主催は浦島先生のジョイ・イングリッシュアカデミーです)

 

—————————————

※僕のはじめての背伸び体験を元に作ったDUO3.0攻略コース(動画セミナー)はこちらをクリック

DUO

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください