From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
※自動翻訳マシンの新型ポケトークWのレビューの続きです。
 
 
海外旅行でどこまで使えるか?をジャッジするには、旅行英会話フレーズをポケトークWに何種類も浴びせかけて、翻訳させてみるのが一番です。
 
 
そこで今回、僕の知る限り最も使えるコスパ最強の旅行英会話ハンドブック、
 
 
「海外旅行ひとこと英会話CDーBOOK(藤田英時:著) 主婦の友インフォス:発行」
↓↓↓
 

相手が話す英語もCDに収録! 海外旅行ひとこと英会話CD-BOOK

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
の中から、海外旅行で使えるフレーズを場面ごとに抜粋して、ポケトークに話しかけてみました。
 
 
その結果をお伝えします。
 
 

スモールトーク

まずは、飛行機などで隣り合った人と交わす、ちょっとしたスモールトークから。
 
(以下、ポケ=ポケトークの翻訳文)
 
 
例文:日本から来ました。
 
ポケ:I came from Japan
 
完璧ですね!
 
 
例文:どこから来ましたか?
 
ポケ:Where are you from
 
 
これも完璧です!
 
(※注:ポケトークWの翻訳文には、ピリオドや?マークは付きません)
 
優秀なポイントは、「主語をちゃんと加えて英語に訳している」ことです。
 
 
日本語は主語を言わない言語です。
 
 
「私は」日本から来ました。
 
 
「あなたは」どこから来ましたか?
 
 
といったように、「私は」「あなたは」という主語は、話し言葉ではふつう言いません。
 
 
でも、英語では必ず必要です。ポケトークWは、それをちゃんと再現した訳が出来ています。
 
 
次の例文を試してみましょう。
 
 
例文:旅の目的は何ですか?
 
 
ポケ:What is the purpose of the trip?
 
 
ちょっと直接的な聞き方ですが、通じます。よく入国審査の時に聞かれる質問の仕方に似ています。
 
 
ちなみに、「海外旅行ひとこと英会話CDーBOOK」のテキストの方の例文では、
 
 
What brought you here?
 
(直訳:何があなたをここに連れてきたんですか?)
 
 
という、とても英語らしい表現の例文が載っています。この言い方だと、直接的に聞こえないので、柔らかくてこなれた雰囲気になります。
 
 
次行ってみましょう!
 
 
例文:話せて楽しかったです。
 
 
ポケ:It was fun to talk
 
 
う~ん、これはさすがにちょっと足りない感がありますね。言いたいことは通じるとは思いますが、できれば、最後に to you まで入れて欲しかったかなという感じです。
 
 
It was fun to talk to you.
 
 
だったらOKです。
 
 
ちなみにテキストの例文は、
 
Nice talking to you.
 
になっていました。Nice to talk ~ではなく、talking ~になっているのがミソです。
 
 
(英語では、終わったことに対しては to 不定詞ではなく、ing を使うことが多いです)
 
 
細かい部分で突っ込みどころはありますが、とりあえず、スモールトークでは言いたいことは通じそうです。
 
 

空港でよく使うフレーズ

では次に、空港で迷った時に使えるフレーズを翻訳させてみましょう。
 
 
例文:乗り継ぎカウンターはどちらですか?
 
ポケ:Which is the connection counter
 
 
おー!惜しい!connection が、connecting になったら正解でした。(言いたいことは通じるとは思いますが)
 
 
また、道順を聞くなら、which よりも、where の方が良いですね。日本語文だと「道順」と「選択肢」のどちらにも捉えられるので、こうなったんだと思います。
 
次行きましょう!
 
 
例文:搭乗口は何番ですか?
 
ポケ:What is the boarding gate
 
 
う~ん・・・これはさすがに通じないと思います。
 
 
直訳すると、「搭乗口とは何のことですか?」に聞こえます。つまり、「搭乗口」という言葉の意味を質問しているように聞こえてしまうのです。
 
 
ちなみにテキストの例文は、
 
 
What gate number?
 
 
という、かなりシンプルな言い回しになっています。
 
 
 
次に行きましょう。
 
 
例文:デルタ航空の窓口はどちらですか?
 
ポケ:Which window is Delta?
 
 
ぬぬ??これもちょっと意味が通らない訳ですね・・・
 
 
さすがに、「窓口 = window」では、通じないと思います。
 
 
テキストの例文は、
 
 
Where’s the Delta counter?
 
 
になっていました。メチャクチャシンプルですね。
 
 
試しにこの後、日本語の例文の「窓口」の部分を、「カウンター」と言い換えて、さらに「どちら」の部分を、「どこ」にしてやり直してみました。
 
 
例文:デルタ航空のカウンターはどこですか?
 
ポケ:Where is Delta’s counter
 
 
これなら、通じる英文になりました。
 
 
やはり、最初の日本語の文章の言い方に工夫が必要みたいです。
 
 
では、次の例文に行きましょう!
 
 
例文:ここで搭乗手続きができますか?
 
ポケ:Can you check in here
 
 
う~ん・・・できればここは、Can I ~にしたいところですが、でも言いたいことは通じると思います。
 
 
一応、you には、「あなたと私を含めたすべての人たち」という意味があるので、ルールを話す時には使えます。
 
 
たとえば、お寺などに入るときに、
 
 
You have to take off your shoes.
 
 
と言うと、
 
 
「あなたも私もみんな、靴を脱がなければなりません。」
 
 
という意味になります。
 
 
ただ、Can you ~だと、「~してくれませんか?」というお願いに聞こえてしまうので、言った瞬間は「ん?何を頼まれているんだ?」と誤解される可能性はあります。(何度か言い直せば通じるとは思いますが)
 
 
ポケトークWの翻訳文は、
 
 
「一応通じるけど、文法的、ニュアンス的には少し変」
 
 
というものがちらほら出てくることが分かりました。
 
 
・・・次回につづく。
 
 
ポケトークW
 
 

【公式】POCKETALK_W (ポケトーク) 翻訳機 +端末保証(3年) ホワイト

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ