【留学で僕が学んだこと】

From  師範代Shinya(新村真也)

(※僕がカナダにビジネス留学していた頃の体験談の続きです)

(→前回のつづき)

 

3ヶ月間、お世話になったホームステイ先のジョン&フローレンス夫妻にお別れを言う時がきました。

 

これまでの3ヶ月間のこの家での思い出が、走馬燈のように僕の中を駆けめぐりました。

 

ふたりは、とても優しい目で僕を見つめています。

 

僕が最初の1週間で心がくじけそうになった時には、ふたりの言葉に支えられました。

 

僕がこの家のルールを破ってしまい、フローレンスにめっちゃ怒られたこともありました。

 

今となっては、それも良い思い出です。

 

ふたりをハグして、僕はタクシーに乗り込みました。

 

バンクーバー空港

僕は3ヶ月ぶりに、バンクーバー空港に来ました。3ヶ月前は、飛行機から降りる時には緊張でガチガチでした。

 

でも、今は違います。もうだいぶここでの生活にも慣れて、空港への道もリラックスしています。

 

留学で僕が学んだこと

3ヶ月前は、「困ったことが起こらないか心配」という気持ちが強くありました。

 

でも今は、「困ったことが起こっても何とかなるもんだ」ということが分かりました。それが、自信につながっています。

 

海外に住んで、困ったことが起こらないなんてことは、絶対ない!ということが今なら分かります。

 

言葉や文化が違う国に足を踏み入れると、トラブルや困難、思い通りにいかないことは、毎日降りかかってきます。

 

日本では体験したこともなかったような困難が立ちはだかります。

 

でも、そんな状況でも「なんとか生きられるもんだ」と思える経験を積めるのが、留学の醍醐味だと思います。

 

ま、いっか!と思えるようになる

海外に行くと、自分が「できないこと」の方が圧倒的に増えます。

 

店員さんの英語がわからずに何度も聞き返してキレられたり、自分の英語が通じなかったり、文化の違いに対応できなかったりして、「カッコ悪い自分」を見なければなりません。

 

やることなすこと、すべてが「初めて体験」になります。

 

カゼを引いてのどが痛いときに、薬局に行ってのど飴を買うことすら、緊張でドキドキしました。

 

「箱の表示が読めなかったらどうしよう?」

 

「店員さんや薬剤師さんに聞いたとして、彼らの話す医学用語が聞き取れるのか?」

 

などを考えると、ドキドキしてしまうのです。

 

案の定、僕は変なのど飴を買ってしまい、一個目を口に入れて20秒たった時点で強烈な味に耐えられずに捨ててしまいました・・・

 

日本にいたら、呼吸をするくらいカンタンにできていたことが、突然できなくなるのです。

 

子供に逆戻りした気分です。

 

そんな環境の中で生活していると、だんだん「うまくやろう」とか、「スマートに対応しよう」なんて願望がなくなってきます。

 

もう、「何事も起こらず無事にできますように・・・」なんて祈る気持ちはありません。

 

ま、いっか!と開き直って、「こんどはどんなトラブルがあるかな?」とニヤニヤするようになります。

 

本当の自信

そんな状況を乗り越えて、不完全でダメダメな自分を経験して、そんな自分にOKを出せるようになると、強くなれる気がします。

 

本当の自信とは、

 

「どんな事に対してもうまくできる」

 

という心境からではなく、

 

「どんなにうまくいかない事が起こっても、最後は何とかなるもんだ。死ぬことはない。」

 

という心境から来るのかもしれません。

 

そういう意味では、留学することは、

 

「今までの自分の中での『当たり前』が全部ぶっ壊れる」

 

経験を通して、自分の中にある「真の強さ」に目覚める体験を与えてくれるのかもしれません。

 

僕は、留学すべきかやめるべきか?を迷っている人に対しては、

 

「年齢に関係なく、絶対に体験してみた方がいいですよ!」

 

とお伝えしています。その経験は、一生の財産になると思うからです。

 

・・・つづく。

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら
 
自己紹介は、こちら

こちらですアップ

2件のコメント

留学で学んだこと、共感しながら読みました。
私は「留学」という形で海外に行ったことはありませんが、外国に行くと、ヨーロッパであれアジアであれ、言葉が通じない、そんな時でも緊急時(列車に乗り遅れたり、荷物が届かなかったり)には、泣いて(嘘泣き)「列車に乗せてくれ」と懇願したり(乗せてくれませんでした)したこともありました!でも、何とかなるんですよね。まあ、言葉が出来てリスク回避できるのがいいんですが…
そうですよね、そんな失敗でもどうにかなった、どうにかしたことが、財産になりますね。

では、次回のブログも楽しみにしています。

竹原さん

コメントありがとうございます。
竹原さんも海外で色んな経験をされているんですね。

ウソ泣きまでするとは、かなりのツワモノですね(笑)

そうですよね、どんなにピンチになっても、最後は何とかなるもんなんですよね。

たとえ言葉ができても、何事もなく帰ってくることは難しい気がします。

でも、そんな体験が学びや面白みとして一生の記憶になったりしますよね。

ありがとうございます!

これからも、留学体験談をシェアしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください