From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
先日、東京で行われた「Love Conference」というセミナーに参加した体験談の続きです。
 
 
今回のセミナー講師は、アメリカを代表する作家でセミナー講師のジャネット・アットウッドさんと、デポラ・ポーネマンさんでした。
 
 
2人ともアメリカ人なので、当然、英語しか話せません。
 
 
海外出身の講師が日本でセミナーをやる時には、同時通訳が付きます。
 
 
今回のセミナーにも、2人の同時通訳の方が20分交代で通訳していました。
 
 
僕の楽しみの1つは、この「同時通訳を聞くこと」です。セミナー講師の話す英語と、日本語通訳者の話す日本語を聞き比べて楽しむのです。
 
 
 

僕の聞き方

今回のセミナーでも、一緒に参加した妻にこんなことを聞かれました。
 
 
「シンヤはセミナーの最中に、英語と日本語、どっちを聞いてるの?」
 
 
この質問は、たまに生徒さんにもされることがあります。
 
 
先ほど僕は、「セミナー講師の話す英語と、日本語通訳者の話す日本語を聞き比べて楽しむ」とお伝えしました。
 
 
でも実は、常に日本語と英語を両方聞いているわけではありません。
 
 
なぜなら、疲れてしまうからです。
 
 
英語なら英語だけの方が、ずっと聞きやすいです。
 
 
日本語と英語はまったく違う脳の部分を使う感覚なので、同時に入ってくると、けっこう混乱します。
 
 
同時通訳の方が20分で交代しているように、英語と日本語訳を同時に聞き続ける作業は、20分くらいが限界です。
 
 
難易度的には、こんな順番です。(やさしい順)
 
↓↓↓
 
レベル①日本語だけで聞く
 
レベル②英語だけで聞く
 
レベル③英語と日本語を同時に聞く
 
 
一番難しいのは、レベル③の同時進行です。
 
 
また、今回のように丸一日かけてやるロングセミナーの場合は、「②英語だけで聞く」というのも、かなりキツいです。
 
 
僕がスーパーサイヤ人でいられる限界時間は、半日ぐらいだからです。
 
 
なので、僕は今回のセミナーは、こんな感じで聞きました。
 
 
①英語だけに集中して聞く。
 
②たまに同時通訳の日本語と聞き比べて楽しむ。
 
③英語脳をオフにして、日本語訳だけ聞きながら休む。
 
 
という感じです。この①~③のステップを繰り返します。
 
 

同時通訳の神業!

今回、僕が驚いたのは、「同時通訳のスピードの速さ」です。
 
 
英語で行われるセミナーの多くは、
 
 
①講師が英語の文を言い終わる
 
↓↓↓
 
②日本語訳が入る
 
 
という2ステップです。
 
 
でも今回は、
 
 
「講師が話し始めるとすぐに日本語訳が始まる」
 
 
という感じでした。
 
 
とにかく、スピードが速いのです!
 
 
その分、タイムラグが少なくて、セミナーがサクサク進みました。
 
 
ふだん英語のトレーニングをやっているあなたには分かると思いますが、英語と日本語は語順がまったく逆です。
 
 
なので、同時進行で通訳していくことは、本来は不可能なのです。
 
 
その不可能なことを可能にしているのが、今回の同時通訳者の2人でした!!
 
 
 

どれだけスゴいのか?

このスゴさを分かりやすくお伝えするために、文章をシンプルにしてみます。
 
まず、これが英語の語順です。
 
↓↓↓
 
I like English.
 
 
対して、日本語はこの語順です。
 
↓↓↓
 
私は 英語が 好きです。
 
 
動詞&目的語の位置が真逆です。
 
 
こうして短い文章で見ると、そんなに違いは感じないかもしれませんが、これが長い文章になってくると、英語の語順のまま訳すと、日本語がわかりづらくなることがあります。
 
 
たとえば、
 
 
I don’t think it’s difficult to love yourself.
 
 
を英語の語順で直訳すると、
 
 
私は思いません。それが難しいとは。あなた自身を愛することは。
 
 
という日本語になります。これでは、分かりづらいですよね?
 
 
でも、今回の通訳さんは、
 
 
I don’t think it’s difficult to love yourself.
 
 
私は、自分自身を愛することは難しいとは思っていません。
 
 
という風に自然な日本語で訳していたのです!しかも、ほぼ同時進行で!
 
 

なぜそれが可能になるのか?

なぜ、そんなことが可能になるのでしょうか?
 
 
今回のセミナーでは、昼休みの時間に2人の同時通訳のうちの一人、Yuiさんにお話を聞くことができました。
 
 
ご本人の許可を得て内容をシェアしますね。
 
 
なぜ、英語と日本語の同時通訳が可能になるのか?をYuiさんに聞いてみたところ、面白い答えが返ってきました。
 
 
基本的には、同時通訳はほぼ「予測」しながらやっているそうです。
 
 
つまり、これまでの話の流れや声のトーン、講師の性格、口元の動きなど、目で見える情報や見えない情報まで駆使しながら、次に出てくる言葉を予測して日本語にしているというのです!!
 
 
これは、マジでスゴいです!!神業です!!
 
 
もちろん、たまに予測が外れて、
 
 
「え~!そっち~?」
 
 
と思うこともあるそうです。
 
 
でも、そういう時には、日本語をうまくごかましながらやっているそうです(笑)
 
 

勇気と経験

僕は今回のYuiさんの話を聞いて、「同時通訳は、勇気と経験がいる仕事だな」と思いました。
 
 
一番安全なのは、講師が1文全部を話し終わってから、ワンテンポ遅れて通訳することです。
 
 
でも、そのタイムラグをなくして同時に通訳するためには、「話の着地点を予測」して、そこに向かって「エイヤッ!」と先に訳してしまうという、「ミスを恐れない勇気」が必要になります。
 
 
そして、自分の予測の確率を上げるためには、そもそもの経験値を積み上げて勘を研ぎ澄ませていくしかない、と思いました。
 
 
今回のセミナーの同時通訳も、とても楽しみながら聞くことができました。
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ