From  師範代Shinya(新村真也)
 
※僕が英検1級にトライした時のストーリーの続きです。
 
(→前回のつづき)
 
 
リーディングの長い戦いが終わると、すぐにリスニング問題が始まりました。
 
 
英検1級は、試験時間が長いです。
 
 
TOEICはトータル2時間ですが、英検1級はトータル2時間20分もあります。
 
 
TOEICが終わった後に、もう20分延長戦をやるようなものです。
 
 
しかも、最も集中力を使うリスニングが最後に来るのは、けっこうキツいです。
 
 
とはいえ、僕は今回は、リーディングであまりスタミナを消費し過ぎないようにしていました。
 
 
特に、作文パートにかかる時間と労力をだいぶ削減できたので、まだ力が余っています。
 
 
気持ちを切り替えて、すぐに集中モードに入りました。
 
 

リスニングスタート!

リスニング問題が流れ始めました。相変わらず、難しい問題がいくつかあります。
 
 
ただ、これも「一字一句聞き取れる」まではいかないものの、「お手上げ状態」というわけではありません。
 
正解はどれか?と聞かれたら、答えられるくらいの聞き取りレベルです。
 
 
なので、まあ良し!としてあまり細かいことを気にせずサクサク進んでいきました。
 
 

最後のボス登場!

リスニング問題には、最後のボスがいます。
 
 
トータル3分オーバーにもなるロングインタビューです。
 
 
ニュース番組のキャスターが、ゲストの著名人にインタビューするようなスタイルの会話が流れるので、その会話を聞き続けます。
 
 
全部聞き終わった後、2つの質問に答える、というものです。
 
 
問題文が印刷されていないので、記憶力に頼るしかありません。
 
 
さらに、質問はたった2つしかないので、1つの配点が高いです。
 
 
また、インタビューされる側の人は、アメリカ発音とは限りません。
 
 
僕は、北米の発音になれているので、イギリスやオーストラリアの発音は苦手です。
 
 
でも、今回のラスボスは、なんとイギリス人でした・・・(どこの国の人かは発音で分かります)
 
 

超クセのある発音

英検1級のリスニングのイギリス人は、めちゃくちゃ聞きづらいです。
 
 
クセのある発音はもちろん、なんというか、しゃべり方自体もハッキリしません。滑舌があまり良くない気がします。
 
 
できるだけ現実の世界に近づけているのでしょうが、受験者側にとっては彼は強敵です!
 
 
今回も、モゴモゴ言っていて何だかよく分からない部分がありました。
 
 
でも、そのモゴモゴ部分が質問で聞かれなければ、何の問題もないことも分かっているので、焦らずに次のセリフに集中しながら聞き進めました。
 
 
そして、最後の設問2つが流れました。それを聞いた瞬間、
 
 
「よし!!」
 
 
と僕は心の中で叫びました。
 
 
さっきのモゴモゴの部分が問われる質問はなかったのです!
 
 
ラッキー!!
 
 
設問の内容は、僕が聞き取れた部分でした。
 
 
おそらく、これは合っている自信があります。
 
 
気持ちの良い状態で、終わることができました。
 
 
 

試験終了

試験が終わると、みんなさっさと出て行きました。
 
 
僕は、いつもそうなのですが、TOEICや英検が終わると、しばらく瞑想して「無」になります。
 
 
実は、始まる前も「無」になっています。
 
 
「無」になることで、試験中に必要な集中力を保つことができます。
 
 
また、終わった後に「無」になると、疲れた脳を癒やすことができるような気がします。
 
 
皆が教室から出終わってから、僕はゆっくり教室を出ました。
 
 
前回は、帰り道で他の受験者と話す機会がありましたが、今回は、みんな足早に帰ったようで、僕の前には誰もいませんでした。
 
 
とりあえず、今回の戦いは、前回に比べると手応えがありました。
 
 
もしかして、今回はいけたんじゃないか?
 
 
そんな予感がしました。
 
 

答え合わせ

数日後、英検協会から、試験の解答がインターネットで発表されました。
 
 
僕は、持ち帰った問題用紙につけてあるマル(自分が選んだ選択肢)と、解答を照らし合わせてみました。
 
 
まずまずの正解率です。
 
 
一番気になっていた、「将軍のストーリー」の最後の問題をチェックしてみました。
 
 
正解でした!!
 
 
やったー!!
 
本文を読まずに、「最も男らしくてカッコいいと思える行動」の選択肢を選んだら、正解できました。
 
 
「そんなのインチキのまぐれ当たりじゃん!」
 
 
と思われるかも知れません。でも、僕はこれも解法テクニックの1つだと思っています。
 
 
「実話」を元に問題文を作成する英検ならではの解法テクニックです。
 
 
歴史上に名を残すような武将が、カッコ悪い生き方をするはずがありません(笑)
 
 
最後のリスニングのロングインタビューの問題も、2問とも正解でした。
 
 
全体の正解数を数えてみると・・・
 
 
前回よりも正解率が高いです!
 
 
ただ、英検は偏差値制なので、毎回「合格点」が変わります。
 
 
もし、前回より問題がカンタンでみんなの正解率が高ければ、合格点は引き上がります。
 
 
すると、今回もギリギリ「不合格A」なんてこともあり得ます。
 
 
答え合わせをしただけでは、まだ何とも言えません。
 
 
しかし、ここから先はもう、運の世界です。
 
 
事前にやれるだけのことはやりました。
 
 
後は運を天に任せて、しばらく英検のことは忘れよう、と思いました。
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ