From  師範代Shinya(新村真也)
 
(※僕が英会話スクール講師に転職してからの体験談です)
 
(→前回のつづき)
 
英検1級対策として僕が買った、「速読速聴英単語 Advanced 1000」は、思った以上の難しさでした。
 
(↑クリックするとアマゾンの販売ページに行けます) 
 
その1つ前のレベルの「Core1900」は、すでに終わらせてありましたが、それとはまた別次元のレベルを感じました。
 
 
確かに、Core1900の方も同じように「ネイティブ向けの高級誌」から記事を持ってきているのですが、Advaneced 1000 との違いが3つあります。
 
 

違い①スラッシュがない

Core1900の方は、この本の特徴とも言える「スラッシュ」があります。(最新版のバージョン5にはスラッシュがなくなってしまいましたが)
 
 
文章の中に、区切りがあるのです。
 
 
たとえば、
 
 
The 51-year-old princess launched / on Satruday / the country’s first royal blog, / which she says / is aimed \ at persuading her fellow citizens / to embrace English.
 
 
 
という感じで、意味の区切りごとに、スラッシュが入っています。
 
 
日本語訳も、スラッシュごとの順番になっています。
 
↓↓↓
 
その51歳の王女は開始した / 土曜日に / その国で最初の王室のブログを ~
 
 
 
という感じです。
 
 
これは、実際にやってみると分かりますが、けっこうありがたいです。
 
 
どんなに長く見える文章でも、意味が取りやすくなり、全体の構成が透けて見えるようになります。
 
 
ちょうど自転車の補助輪みたいなものです。
 
 
まだ長い距離を走れない時に、これがあると長距離でも安心して走ることができます。
 
 
ところが、Advanced 1000の方は、このスラッシュが一切ありません!
 
 
日本語訳も、ふつうの日本語と同じ語順の「和訳」なので、どの部分がどの訳なのか?を探すのがけっこう大変です。
 
 
 

違い②1記事が長い

Core1900の方は、1ページにつき10行前後の英文でした。
 
 
スラッシュが入っている分、全体的に文字間のスペースが広く、文字数で言うと100語前後です。
 
 
そして、1つの記事は1ページに収められています。ページをめくると、別の記事が出てきます。
 
 
でも、Advanced 1000の記事は、スラッシュがない分、スペースもなくて、文字がギュッと詰まっています。
 
 
1ページの文字数は、200語を超えるものもあります。
 
 
さらに、記事自体がめちゃくちゃ長いものもたくさんあります。
 
 
たとえば、「記憶に残り続ける大統領」というタイトルの記事は、8ページもあります!!
 
 
ひとつのトピックで8ページは、かなりのボリュームです。
 
 
 

違い③全ページが長文

Core1900は、後半の3分の1が「短い文」でできています。
 
 
短い会話文の中で重要単語を覚える、という感じです。
 
新聞記事は前半の3分の2なので、割と早く終わらせることができました。
 
 
でも、Advanced 1000のテキストは、最初から最後まで、すべての英文が、新聞記事です。
 
 
容赦のない長さです!!
 
 
1ページの文字数の多さと合わせて考えると、Core1900に比べて全体のボリュームは倍以上あるように感じます。
 
 
ただ、僕自身はCore1900の短文パートがつまらなくなって途中でやめてしまっていたので、Advanced 1000 が全部長文であることは、逆にありがたいと思いました。
 
 
 
次回は、僕がこのAdvanced 1000のテキストをどうやって仕上げたのか?
 
 
をお伝えします。
 
—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ