From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
 
※僕が24才の時にHIPHOPダンススクールに通い始めた頃の体験談の続きです。
 
 
Y君が見せてくれたダンス大会ビデオの優勝チームの演技を見た僕は、モーレツに興奮しました。
 
 
僕:「これはカッコいい!!マジでカッコいい!!」
 
 
Y君:「これ、いいっすよね!」
 
 
僕:「俺たち、この振りをお祭りで踊るの?」
 
 
Y君:「はい!これ踊れたらカッコよくないっすか?」
 
 
僕:「カッコいいねぇ!これはテンション上がるわ!」
 
 
Y君:「やっちゃいましょう!」
 
 
僕:「よ~し!やるか!!」
 
 

ワクワクする道を選ぶ

 
正直、この時期の僕とY君にとっては、ダンス大会の優勝チームの振りをコピーするなんて、レベル的にはかけ離れていました。
 
 
英語学習の世界で言えば、英語を習い始めたばかりの人が、アメリカ大統領のスピーチ台本を暗記して発表するようなものです。
 
 
分相応な素材を選ぶのであれば、僕とY君がふだん見ている初級ダンスレクチャービデオの基本ステップを組み合わせて踊るのがベストでしょう。
 
 
でも、僕らは自分たちがワクワクする方の道を選びました。
 
 
あの時のゾクゾク感は、今でも忘れません。
 
 
この振りができるようになりたい!!
 
 
そう強く思いました。
 
 
#ダンスで使う曲
 
テレビや大会などに出ているダンスチームの振りをコピーしようと思った場合、曲をどうするか?の問題があります。
 
 
ふつう、ダンスの振りで使う曲は、そのチームのメンバーが編集して2~3分程度に短くまとめていることが多いです。
 
 
同じような曲調が続く場所をカットして、見ている人を飽きさせない工夫をしているのです。
 
 
時には、まったく違う曲を組み合わせて1つにしているダンスチームもあります。
 
 
僕とY君がコピーしようとしているチームTETSUOの使っている曲も、1分半ぐらいの長さです。
 
 
絶対に編集してあるに違いありません。
 
 
それに、そもそも曲名が分かりませんでした。
 
 
僕はY君に聞いてみました。
 
 

Y君の下準備

 
僕:「振りはガンバって覚えるとして、曲の方はどうする?このチームが使っている曲名を、どうやって調べるようか?」
 
 
するとY君は、ニヤニヤしながら自分の机の中からCDを1枚取り出しました。
 
 
Y君:「実は俺、調べたんですよ!これです!」
 
 
僕:「おぉ!!マジで!!仕事が早い!!」
 
 
CDのケースには、スーパーマリオとサブキャラ達が絵が描かれていました。
 
 
 
僕:「へぇ~!スーパーマリオ・コンパクトディスコって言うのか!このアルバムは、全部スーパーマリオのアレンジ曲だけが入ってるってこと?」
 
 
Y君:「はい、そうです!他の曲もカッコいいですよ!」
 
 
僕:「これは気になる!後はどうやって編集するかだな・・・」
 
 
するとY君は、またニヤニヤしながら、机の中からCD-Rを取り出しました。
 
 
Y君:「これを聞いてみてください。」
 
 
僕:「え?まさか・・・」
 
 
Y君はそのCDをプレーヤーに入れて、再生ボタンを押しました。
 
 
音が流れ始めると・・・
 
 
僕:「あっ!!一緒だ!!まったく同じだ!」
 
 
Y君:「へへぇ~!」
 
 
CDに入っている曲は、TETSUOのチームが使っている曲とまったく同じでした。
 
 
あり得ません!
 
 
僕は驚いてY君に聞きました。
 
 
僕:「これ、どうやって作ったの?」
 
 
Y君:「自分で編集しました。」
 
 
僕:「えー!そんなことできるの??」
 
 
Y君:「はい、親のパソコンを借りて、手作業で音データを切り貼りしたんですよ。」
 
 
僕:「スゲー!!そんな設備とスキルがあるのか!」
 
 
Y君:「まあ、そんなにたいしたことやってませんよ。ただ音を聞きながら、勘でボタンを押してカットしただなんで。」
 
 
僕:「でも、これカンペキじゃん!」
 
 
Y君:「うまくいきました。」
 
 
僕:「スゴいな-!このCDがあれば、もういきなり練習始められるじゃん!」
 
 
Y君:「そうなんです!いつか自分で踊れるようになりたいと思って、曲だけ最初に用意しておいたんです。
 
ちなみに、そのCDはコピーなんで、新村さんそのまま持って帰っていいですよ。」
 
 
僕:「えー!そうなの?いいの?」
 
 
Y君:「新村さんのために用意したんで。あ、あと、このビデオもコピーしてあります。はい、どうぞ!」
 
 
僕:「おぉ!!ありがとう!!なんて準備がいいんだ!!じゃあ、さっそく今日から練習開始できちゃうね!」
 
 
Y君:「できちゃいますね!」
 
 
僕:「よし!じゃあ、これからお互いにビデオを見ながら個人練習して、週1で会ってタイミングを合わせる練習しよう!」
 
 
Y君:「やりましょう!」
 
 
盛り上がっている間に、外はすっかり暗くなっていました。
 
 
僕とY君は、テンションMAXで解散しました。
 
 
僕は帰ってからも、何度もビデオを見返しました。
 
 
何度見てもカッコいい!!
 
 
その日の夜は、興奮してなかなか寝付けませんでした。
 
 
・・・つづく。
 
 
 
 
 
 

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓