From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
 
僕がDMM英会話をやっていて感じる最後の不満点は、
 
 
③今予約しているレッスンが消化されないと、次のレッスンの予約ができない
 
 
という仕組みです。
 
 
たとえば、今日の受講レッスンを午後18時で予約したとします。
 
 
すると、今日の18時スタートのレッスンを受け終わった18時25分から、はじめて翌日のレッスンを予約できるようになるのです。
 
 
1日1回プランで受けている人は、当然同じタイミングで予約するので、予約作業時間がバッティングします。
 
 
ほんのわずか数秒の差で、他の人に予約されてしまったりすることが多いです。
 
 
僕の予約検索画面に出てくる先生の明日のレッスンの先生を探して予約ボタンを押すと、エラー表示が出て、「すでに他の方に予約されています」というようなメッセージが出てきます。
 
 
そしてまた先生探しの作業から始める・・・というのがけっこう面倒なのです。
 
 
この「予約バッティング確率」は、時間帯によって差があります。
 
 
みんなが英会話レッスンを受ける時間帯は、
 
 
・働いている人にとっては、出勤前の朝や帰宅後の夜の時間帯
 
 
・主婦にとっては夫や子供が家にいない午前中
 
 
が多いと思います。
 
 
実際に、この時間帯は人気が集中するようで、レッスン予約作業がバッティングしたことが何度もあります。
 
せっかく時間をかけて探した先生が予約できないと、ベコーン・・・とヘコみます。
 
 

レッスン時間帯を変えると、同じ先生の予約が取りづらい

 
「毎日1レッスン消化する場合は、最速で24時間前に予約できる」という仕組みは、受講生誰でも同じ共通ルールです。
 
 
ということは、お気に入りの先生を見つけた場合、できるだけレッスン時間を固定しないと、その先生の次回のレッスンが取りづらくなります。
 
 
たとえば、今日の18時にレッスンを受けて「この先生は良い先生だ!明日も予約しよう!」と思ったとします。
 
 
レッスン終了後に明日のレッスンを予約する時、明日の18時の予約であれば24時間前になるので、まだ競争が少ない状態です。
 
 
でも、明日は午前9時にしよう、と思った場合、すでに取られている確率が高くなります。
 
 
なぜなら、今日の午前9時から午後18時までの間に同じ先生のレッスンを受けた人達が、明日のレッスンを予約している確率が高いからです。
 
 
もし、同じお気に入り先生のレッスンをコンスタントに受けようと思うなら、レッスン時間を固定して24時間前予約を徹底した方がメリットが大きいと感じます。
 
ただ実際は、お気に入りの先生が毎日レッスンを開けているとは限りません。
 
 
多くの先生たちはこの仕事をフルタイムでやっているわけではないので、週に数日だけだったり、日によって違う時間帯にレッスンを開けていたりする人もいます。
 
 
なので、同じ先生のレッスンをコンスタントに予約し続けるのはなかなか難しいです。
 
 
 

先生探しで時間と意思の力を消費する

 
先生探し作業は、それなりに時間と意思の力を消費します。
 
 
この「次のレッスン予約作業」がスムーズにできるかどうかが、
 
 
DMM英会話のレッスンを毎日続けられるかどうか?
 
 
に影響すると思います。
 
 
僕は最初の頃、この「明日の先生選び作業」にかなりの時間と労力をかけていました。
 
 
先生の自己紹介動画を1人1人じっくり見ながら、「この先生は良さそうだ!」と感じたら予約画面に進んで、
 
 
「すでに予約されています」
 
 
という表示を見てヘコみます。
 
 
「なら、さっきの第2希望の先生に!」
 
 
と思って予約ボタンを押したら、また
 
 
「すでに予約されています」
 
 
と出てきます。
 
 
「あぁ!もう!!」
 
 
とイラッとして、もう一度「予約可能講師一覧ページ」を更新すると、さっき上位に並んでいた先生が軒並みいなくなっている(すでに予約されている)・・・
 
 
という状態になります。
 
 
そのうち玄関でピンポンが鳴って、アマゾンから荷物が届いて受け取り、やらなければならない作業を思い出して、そっちを片付けて・・・
 
 
寝る前にパソコンの電源を切ろうとしたら、まだ明日のレッスンが予約されていなかった・・・
 
 
なんてことがけっこうありました。
 
 
そうなると、「もう、明日のレッスンはやめとくか!」となってしまう人も多いと思います。
 
 
僕はこうなった時には、運任せで「エイヤッ!」と最初のページのトップ画面に出てきた先生を、プロフィールを見ないで予約する、という荒技を実行していました。
 
 
でも、
 
 
「それだったら、さっきのあれこれ探す時間は何だったんだ?完全にムダな時間とエネルギーじゃん!」
 
 
と思って、なんだか損したような気持ちになりました。
 
 

選択肢の多さが逆に困る

 
僕はDMM英会話の良いポイントのひとつに、「選べる講師の多さ」を挙げました。
 
 
でも、予約作業ではこの選択肢の多さは逆にデメリットになります。
 
 
予約作業で迷ってしまう原因になるのです。
 
 
これは何でもそうですが、長所と短所は表裏一体です。
 
DMM英会話の長所である、レッスンの選択肢の多さを最大限に生かすには、予約作業をいかに素早く終わらせるか?が大事になってきます。
 
 
 
次回の記事では、僕が半年以上かけて試行錯誤する中で見つけた、「DMM英会話で予約作業に時間をかけない方法」をお伝えします。
 
 
・・・つづく。
 
 
————————————–
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓