【読むだけで、英単語の知識が「一気につながる」興奮と快感を味わえる本:英語の語源大全③】

 
 
from 師範代Shinya

 

(→前回のつづき)

※新しく発売されたばかりの英語の雑学本「英語の語源大全」のレビューの続きです。

前回の記事では、「デマ」の語源dem をご紹介しました。

「デマ」と「デモクラシー(民主主義)」には共通点があります。

さらに、今まさに世界中で起こっている「パンデミック(pandemic)」にも共通点があります。

pan(すべての)dem(民衆)ic(~の)

という語源から、すべての民に広がる伝染病という意味になるのです。

ちなみに、もし伝染病の広がりを1つの地域や国の中だけで押さえ込めた場合は、「中」を表す in & en を付けて、

endemic

という英単語で表現します。

日本語訳にすると、pandemic も endemic も、どちらも「伝染病」です。

でも、英語では広がり方によって使い分けるのです。

 

悪魔のデーモンも同じ

dem(民)の語源をさらにさかのぼると、de(分ける)にたどり着くそうです。

たしかに、民族は「白人、黒人、アジア人」などのように、分かれています。

また、同じ人種でも住む地域によっても分かれている感じがします。

日本でも、大阪と東京では、だいぶ文化や気質が違う印象です。

de = 分ける

の語源から、悪魔を表すデーモン(demon)が生まれています。

de(分ける)mon(もの)

という語源です。

ギリシャ神話の中で登場する悪魔は、半神半人の姿をしています。

悪魔はもともと「神と人間を分けるもの」という意味があったそうなのです。

面白いですね!

他にも、

・「メルカリ」と、「メルセデス」の共通点

・食べる「パン」と、驚いた時の「パニック」の共通点

に関しては、YouTube動画の中でご紹介しています。
↓↓↓

 

せっかくなので、このブログ記事ではまた違うページからの語源をご紹介します。

#パソコン画面上の「カーソル」と、車の「カー」、英語レッスンの「コース」は同じ語源

一見、つながりがなさそうなこの3つは、実は同じ語源です。

僕もこの本で知った時には、「へぇ~!」と声が出てしまいました。

・cursor(カーソル)

・car

・course

この3つは、「car / cur」という語源が入っています。(course には o が加わっていますが、こういう多少の変化はあります)

car / cur の語源のイメージは、「走る」です。

カーソルは、パソコンの画面上を「走るもの」です。

確かに、言われてみれば納得!ですよね。

車の car は、まさに走るための道具だし、course も「走る場所」と言えます。

 

ハイレベルな英単語も同じ

さらに、ここから派生しているハイレベルな英単語も、芋づる式に覚えることができます。

occur (起こる)

recur (再発する)

currency (通貨)

excursion (遠足)

といったハイレベルな英単語も、すべて cur が入っていますよね。

・oc (~に) cur (走る)=こちらに向かって走ってくる→起こる

※この occur は、パンデミックなどの自然発生的な出来事に対してよく使われます。

・re(再び)cur(走る)=再び起こる→再発する

・cur(走る)rency (もの)=走っている(流れている)もの→通貨

・ex(外)cur(走る)sion (こと)=学校の外を走ること→遠足

という風になっています。

一見難しそうな英単語も、こうやってカーソルやカーなどの日常的な英単語の語源と結びつけて覚えると、すごく覚えやすくなる気がしませんか?

他にも僕が気になったトップ5は、

①文法の grammar(グラマー) と、魅力の glamour (グラマー)は、実は同じ語源。

↑※これ、実は僕は前から気になっていました。

②飲み会の「パーティー」と、ロールプレイングゲームの仲間の「パーティー」の共通点

③ボクシングの「スパーリング」と、親の「ペアレンツ」、ディズニーの「パレード」は実は同じ語源

④成人病の「メタボ」とダンスの「バレエ」の意外な共通点

⑤パンの「クロワッサン」と、朝食の「シリアル」、人事採用の「リクルート」は、実は同じ語源だった。

などなど、気になる語源が満載です。

多すぎて、とても紹介し切れませんので、気になる場合はこの本を買って読んでみてください。

こういう雑学ネタが100個も入っています。

この中の10個でも語源を覚えて、その内容を誰かにシェアすれば、記憶に定着します。

語源を覚えることで、英単語への理解度が一気に深まります。

学習効果を考えれば、価格の1,600円の元はすぐに取れると思います。

・・・つづく。

 

「英語の語源大全」

↓↓↓

 

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

「英語の語源大全」の紹介を動画で見る場合はこちらをクリック

↓↓↓

 
 
————————————–
 
 
 

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください