【写真で自由英作文】

 
from 師範代Shinya
 
 
先日、「写真で自由英作文」セミナーを開催しました。
 
自由英作文で一番困りがちな「ネタ切れ」を防ぐために、写真を使う手法を体験していただくセミナーです。
 
Zoom上に全国から「瞬間英作文の猛者」が参加してくれました。
 
 
全体の流れは、
 
 
①僕がZoom画面に写真を大きく共有する
 
↓↓↓
 
②みんなで写真を見ながら瞬間英作文(ミュート状態)
 
↓↓↓
 
③代表者2~3名を指名して、みんなの前で答えの発表していただく。
 
↓↓↓
 
④Shinyaによるレクチャー(このアイテムは英語で何て言う?この状況は英語で何て表現する?)
 
↓↓↓
 
⑤ステップ①~④を別の写真で繰り返す。
 
↓↓↓
 
⑥2人部屋に別れてペアワーク(交互に写真を描写していく)
 
 
という流れです。
 
 
皆さん瞬間英作バーだけあって、③のステップでは、素早く見事な英文を披露してくれました。
 
 

描写の型を3つに絞る

 
今回のセミナーでは、写真描写の型を3つの型に絞りました。
 
 
自由英作文とはいえ、あまりに自由にしてしまうと、
 
 
「これ、どんな構文で描写しようかな?」
 
 
という部分で迷ってしまい、スピードが遅くなってしまいます。
 
 
実は、僕らは日本語話す時でも、無意識のうちに「得意な型」というのを使っています。
 
 
口癖などもその一種です。
 
 
完全に自由にしゃべっているように思えて、実はある程度のパータンがあるのです。
 
 
そのパターンは、
 
 
・親の口癖の影響
 
 
・友人や同僚、上司などの話し方の影響
 
 
・自分の好きな有名人の話し方、作家の書き方の影響
 
 
などを受けていることが多いです。
 
 
そこで、英語でもある程度の型に当てはめて描写すると、ラクになって内容に集中できるようになります。
 
 
今回採用したのは、TOEICの3つの型でした。
 
 
TOEICテストの写真描写問題では、
 
 
・There is 構文
 
・○○ is ~構文
 
・人 is ~ing 構文
 
 
の3つがベースとしてよく使われます。
 
 
TOEICは、国際コミュニケーション力を測るテストです。
 
 
文字通り、英語圏で会話や文章でコミュニケーションを取るのに使われている文型をベースに、問題文が作られています。
 
 
TOEICの3つの型は、とても有効です。
 
 
そこで今回は、このTOEICの3つの型を使ってひらすら描写する練習をしました。
 
 

自分の意見+質問

 
セミナーの前半では、ひたすら写真描写の練習をしました。
 
 
そして後半では、描写に加えて自分の意見や情報を付け加える練習をしました。
 
 
たとえば、美味しそうなスイーツが映っている写真を描写したら、その後に、スイーツについての自分の意見を言います。
 
 
「私はチーズケーキが特に好きです。家の近くのシャトレーゼによく行きます。」
 
 
などの情報です。
 
 
それを聞いた相手は、素早く質問文を作って、投げかけます。
 
 
「どのぐらいの頻度でスイーツを食べますか?」
 
 
「そうですね、月に1~2回ぐらいですね。」
 
 
というような、やりとりを、ペアワークで行います。
 
 
僕はみんながペアワークで話しているところをグルグル回って、観察させていただきました。(Zoomの小部屋は、自由に移動することができます)
 
 
まったく同じ写真を元に話していても、出てくる情報や意見は人によってまったく違います。
 
 
部屋の雰囲気も違います。
 
 
2人で大笑いしている部屋もあれば、ほんわかした癒やしムードで話している部屋もありました。
 
 
1つ共通しているのは、みんなしっかり文章を作れていたことです。
 
 
質問もポンポン飛び出して、スムーズに会話していました。
 
 
以前開催した「英語の質問力&リアクション力アップセミナー」に参加してくれたメンバーは、その力も発揮して、良いリアクションを繰り返していました。
 

 

上達が見れる喜び

 
今回改めて感じたのは、「みんなの上達が見れる喜び」です。
 
 
今回参加してくれたメンバーの多くは、僕の瞬間英作文トレーニング動画セミナーを受講してくれています。
 
Zoomセミナーは、受講生同士の交流の場でもあります。
 
 
そして、僕がみんなの英語力を見れる場でもあります。
 
特に今回参加してくれたメンバーは、他のZoomセミナーにも定期的に参加してくれている方々だったので、成長が見れて嬉しかったです。
 
 
次回のオンラインイベントは、12月下旬に「みんなZoom自習会」を開催予定です。
 
 
 
↓↓↓
 
 
 

参加者の声

 
最後に、今回の「写真で自由英作文セミナー」にご参加いただいたメンバーの一部の声をシェアしますね。
 
↓↓↓
 
 
Keroさん
 
写真描写の為の文型を順を追って解説、練習して行く事で、頭が整理されスムーズに文を組み立てられました。
 
一つずつの文章が短くシンプルでも、それを積み重ねていけばいろいろな事を表現できる事がわかり、自信に繋がりました。
 
また、ただ描写するだけでなく、自分の感情や経験、願望などいろんな事を加える事で多彩な表現をする事もできることがわかり、これなら会話が楽しくできそうだと思いました。
 
一人で練習するよりも、相手と会話形式で練習した方が楽しいし自分では気づかないアイディアも知ることができて良かったです。
 
レッスン内容をいろいろと工夫して下さりありがとうございました。
 
 
 
Naoさん
 
英語で独り言のコツはもちろん、会話につかえるポイントまで掴めました!
 
よく英語上級者が独り言をおススメされていますが、自分ではなかなかできず(続かず)いつも挫折していました。
 
教えていただいたコツを意識してまずは独り言から、慣れてきたらオンライン英会話のフリートークや5分間ディスカッションなどで活用できそうです!
 
 
 
Suzuさん
 
写真を見て色々説明する、描写するというのはとても良いひとり学習だと思います。
 
なかなか良い題材に巡り会えないので、今回はとても良い機会でした。
 
続けていけば瞬発力もつくのかなと思います。 そこに自分の感想や感情をプラスするというのも良いですね。
 
これも瞬時に言うのはなかなか難しかったです。 続けてやっていこうと思います。
 
 
 
 
 

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください