【リベンジマッチへ向けて接客英語トレーニング!③】

From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
※僕が英語学習を本格的に始める前に、初めて英語のテキストを買った時のエピソードの続きです。
 
 
僕が生まれて初めて買った英語のテキスト「接客英会話フレーズ集」は、とりあえず文法や英単語の意味やニュアンスなどは無視して、ひたすら「丸暗記」に徹しました。
 
 
毎日の通勤にクルマの中でCDをかけながら、後に続けてリピートする、という作業を繰り返しました。
 
 
すると、3ヶ月ぐらいでほぼ丸暗記することができました。
 
 
日本語文を見て、すぐに英語に変換することができるようになったのです。
 
 
自分も毎日売り場に立っているので、毎日の仕事中にも、
 
 
(ここでは英語で○○と言えばいいな・・・)
 
 
ということが感覚で分かってきました。
 
 
自分の生活と密接に結びついている表現は、覚えやすいものです。
 
 
 

ニュアンスの違い

本来ならば、
 
 
日本語:いらっしゃいませ。
 
 
英語:May I help you?
 
 
という風にはなりません。
 
 
英語の May I help you? は、文字通り「お手伝いさせてくれますか?」です。
 
 
言われたお客さんは、助けを得るか?断るか?のリアクションをしなければなりません。
 
 
対して、日本語の「いらっしゃいませ」は、「ようこそ!」とか、「ご来店いただきありがとうございます!」に近いニュアンスです。
 
 
「いらっしゃいませ」と言われたお客さんは、別に何かリアクションする必要はありません。
 
 
でも、英語では店員さんが、「Welcome to our store!」なんて言うシチュエーションは見たことがありません。
 
 
「文化の違いを抜きにして英語を学ぶことはできない」ということがよく分かります。
 
 
でも、当時の僕は、「May I help you? = いらっしゃいませ」と丸暗記で覚えていました。
 
 
また、お客さんを送り出す時のセリフ、
 
 
Have a nice day!
 
(良い一日を!)
 
You too!
 
(あなたもね!)
 
のやりとりも丸暗記で覚えました。
 
 
自分から言っても良いし、言われたらとりあえず「You too!」と返せばいい。
 
 
それだけ分かっているだけでも、十分に安心できます。
 
 

瞬間英作文トレーニングではない

この頃の僕の学習法は、「フレーズ丸暗記型」です。「瞬間英作文トレーニング」ではありませんでした。
 
 
主語、動詞、名詞などの文法用語はほとんど分かりません。
 
 
どの英単語がどんな役割で文章を作っているのか?なんてまったく意識していませんでした。
 
 
このタイプの覚え方には、特徴があります。
 
 
それは、「ありえない間違い」をすることがあるということです。
 
 
どういうことか?と言うと、たとえば、
 
 
Q:May I help you?
 
(お手伝いしましょうか?)
 
A:Sorry, I can’t.
 
(すみません、私にはできません)
 
 
みたいな、ちぐはぐな会話をしてしまうことがあるのです。
 
 
各セリフを、本に書いてある順番で覚えているだけなので、セリフの順番が入れ替わってしまうことがあるのです。
 
 
すると、完全にとんちんかんな答えをしてしまいます。
 
まだ本番の会話はしていないので大丈夫なのですが、練習の時点ではよくこのタイプのミスがありました。
 
 
この間違いだけは避けたいと思っていました。
 
 

丸暗記完成!!

そして何とか、丸暗記トレーンニングが完成しました!
 
 
とりあえず、どんなシチュエーションでも、最初の第一声は何を言えばいいのか?が分かるようになりました。
 
 
後は、本番の英会話の中でこれらのセリフを言うだけです。
 
 
さあ来い!米軍兵士たちよ!
 
 
いつでも英語で接客してやるぞ!!
 
 
そんな気分で、僕は毎日売り場に立つようになりました。
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください