From  師範代Shinya(新村真也)
 
(※今日の記事はガジェットネタですが、「英語学習ツール」ではありません)
 
 
海外旅行をする時、思い出を残すために「カメラ」を持って行く人がほとんどだと思います。
 
 
最近は、スマホのカメラ機能がレベルアップしているので、スマホだけで済ませる人も多いと思います。
 
 
ただ、僕が今まで海外旅行先でスマホで撮影しようとした時に、気になったことが5つありました。
 
 
①スマホには大切な個人情報が入っているので、盗まれたり落としたりしないように、とても気を遣う。
 
 
②スマホのメモリー残量が気になってしまい、写真を撮る枚数を控えめにしたり、データが大きくなる動画を撮るのをためらってしまう。
 
 
③常にスマホを使い続けているとバッテリーの減りが早くなるので、一緒にモバイルバッテリーも持ち歩かなければならない。
 
 
④旅先で突然の雨が降ってくると、壊れないか心配になってすぐ引っ込めてしまう。(今のiPhoneは防水ですが、それでも気になります)
 
 
⑤海や川などの水辺で使うには、勇気がいる。
 
 
以上の5点から、旅の思い出残しをスマホだけに頼るのはむずかしいと感じていました。
 
 
そこで前回の海外旅行では、スマホに加えてデジカメ(写真用)とビデオカメラ(動画用)を持って行きました。
 
 

大正解!

これが大正解でした!前回の旅はカリブ海をクルーズ船で回ったのですが、船の外ではアウトドアスポーツやマリンスポーツを体験することが多い環境でした。
 
 
スマホは自分たちの部屋の貴重品用の金庫に入れて、外へ出るときにはデジカメとビデオカメラの2つを持って行きました。
 
 
万が一なくしても、入っているデータは旅の思い出だけです。写真や動画以外の個人情報が盗まれるようなことはありません。
 
 
それがこれほど気が楽になるとは思っていませんでした。
 
 
また、SDカードのスペアを何枚か持って行ったので、残りデータを気にせず、バンバン動画や写真を撮り放題でした。
 
 

動画が楽しい!

僕は今まで、旅先にビデオカメラを持って行ったことはほとんどありませんでした。
 
 
写真で十分だと思っていたのです。でも、前回の旅行で初めてビデオ撮影をしてみて気付いたことがあります。
 
 
それは、「動画は楽しい!」ということです。
 
 
日本に帰ってきてから見返すと、動画には「動き&音」があることで、写真とは全然違う雰囲気になるのです!
 
 
海の波の音や、動物の鳴き声、自分たちの声や一緒にいる観光客たちの声が聞こえてきて、その場の空気感がリアルに伝わってきます。
 
 

みんなでシェアできる

自分たちだけで楽しむのではなく、周りの人たちにシェアして楽しんでもらうこともできます。
 
 
写真でも同じことができますが、動画の方がよりリアルに僕らの体験をシェアできると感じました。
 
 
僕と妻は海外旅行帰ってきてから、お互いの両親に「旅の思い出動画」を見せました。
 
 
もちろん、全部見せると長くなるので、ハイライトシーンを集めたダイジェスト版にして、10分ぐらいにまとめた動画を上映しました。
 
 
すると、ものすごく喜んでもらえました。
 
 
動画は、旅の体験をシェアするのに最高のツールだということが、この時に分かりました。
 
 
ちなみに、僕がその時に持って行ったビデオカメラはこれです。
 
↓↓↓
パナソニックV360MS
 

パナソニック HDビデオカメラ V360MS 16GB 高倍率90倍ズーム ホワイト HC-V360MS-W

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
アマゾンで2万円台前半で買えました。軽くて小さいのに、画質が良く、手ぶれ補正もバッチリで安定した動画が撮れます。(重さはたったの250グラムです。500mlのペットボトルの半分の重さです)
 
 
ズームも90倍までできるので、望遠鏡のように使えます。90倍ズームは、本当にスゴいです!遠すぎて豆粒のように小さく見える建物をズームで映すと、屋上を歩いている人までバッチリ見えます。
 
 

もっと便利にならないか?

前回の海外旅行では、デジカメとビデオカメラの2台を持って行きました。
 
 
スマホだけに比べてだいぶ快適だったのですが、スマホの時に感じていたデメリットがすべて解消されたわけではありませんでした。④と⑤だけは変わらなかったのです。
 
↓↓↓
 
④旅先で突然の雨が降ってくると、壊れないか心配になってすぐ引っ込めてしまう。
 
⑤海や川などの水辺で使うには、勇気がいる。
 
 
特に、僕のビデオカメラとデジカメは防水仕様ではなかったので、水の中に落としたらアウトです。
 
 
また、2台持ちにすることで、新たな面倒も生まれました。持ち歩きがしづらいのです。
 
 
旅先でカメラを持ち歩くのは、けっこう荷物になります。それに、1日の中で実際にカメラを作動させる時間は、そんなに長くありません。
 
 
いいな!と思った瞬間だけ、ビデオカメラを回したり、写真を撮ったりするわけです。
 
 
そうなると、1日のうちほとんどの時間、カメラはバッグの中で過ごすことになります。
 
 
ビデオカメラとデジカメの2台持ちは、正直、けっこう面倒です。
 
 
ところが最近、そんな面倒をすべて一瞬で解消してくれるようなガジェットを発見しました!
 
 
重さはたったの120グラムで、さっきのビデオカメラの半分以下です。大きさはマッチ箱ぐらいの手の平サイズで、ポケットに入れると持っているのを忘れてしまうぐらいです。
 
 
それでいてものすごいキレイが動画と写真が撮れます。手ぶれ補正がバッチリ効いて、声もしっかり拾ってくれて、しかも完全防水!
 
 
そのままで10メートルの深さまで水につけても問題なし!シュノーケリングなどの水中撮影もできてしまいます。
 
 
そんな夢のようなビデオカメラを発見したのです!
 
 
まさに、海外旅行の思い出作りのために生まれたようなこのビデオカメラです。
 
 
僕は見た瞬間、「これだ!」と思いました。さっそくゲットしたので、次回は詳しいレビューをお伝えします。
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ