【クラブにいた予想外の客層:僕が「習い事」に感じた夢と希望:ダンス編93】

 
From  師範代Shinya(新村真也)
 

 

※僕が20代でダンススクールに通っていた頃の体験談の続きです。ダンス編は毎週日曜日に更新中。

初めてクラブのダンスイベントに出場することにした僕は、会場でお客さんたちの様子をチェックすることにしました。

どんな人達がいるんだろう?

と思いながら、薄暗い中で目をこらしてみました。

すると・・・

思ったよりずっと若いのです!

おそらく中高生ぐらいに見えます。お客さんの中の半数ぐらいが中高生のようです。

しかも彼らは、そんなに「筋金入りのワル」という雰囲気ではありません。

ちょっとワルぶりたい年代に突入した男子中高生が、流行のワルッぽいHIPHOP系のファッションを着て、ワルッぽい場所であるクラブに来ちゃった・・・的な雰囲気を感じるのです。

おそらく、今だったら未成年の入店は、完全アウトになっている気がします。

でも当時は、年齢確認のためのIDチェックなどもなく、規制がユルかったんだと思います。

一応、大人たちと同じように、彼らも片手にお酒、もう片方の手にはタバコを持っていました。

でも、タバコを吸う姿もまだ慣れていない雰囲気で、「最近吸い始めた感」が漂っています。

おそらく、週明けは学校でクラスメイトに、

「俺、夜のクラブに繰り出してきたぜ!」

「夜通し酒飲んでタバコ吸って、HIPHOP踊ってきたぜ!」

みたいに自慢している姿が目に浮かびます。

僕の自分の高校時代のクラスメイトを思い出して、なんだか急にほっこりしました。

僕のクラスメイトも、よく休み時間に「俺、タバコ吸っちゃった自慢」「俺、酒飲んじゃった自慢」などをして、ワルぶっていました。

真のワル君

僕の経験上、「真のワル君」は、そんなこと言いません。

暴走族のメンバーになっていたり、真の不良道を歩んでいるクラスメイトたちは、自慢などしなくても、静かにたたずんでいるだけで、十分なワルオーラが漂っていました。

そしてある日、突然学校に来なくなったと思ったら、先生から「今日は残念なお知らせがある。クラスメイトの○○は、警察に捕まって退学になった。おまえらもヤンチャし過ぎないように気をつけろ。」というようなアナウンスがあって、ビックリ仰天!!

みたいな感じでした。

逆に、真のワル君は、クラスに2~3名ぐらいで、後のほとんどはワルぶり君たちでした。

ワルぶり君は安全

ワルぶり君は、基本的に安全です。

ただちょっとルール違反をして強がりたいだけなので、別にケンカっ早いわけでもなく、他人に危害を加えることはまずありません。

普段は家に帰ったら、「一度クリアしたドラクエのレベル上げ」をして過ごしているような、普通の男子です。

ただ、同級生達の男子たちの中でナメられないようにするために、ワルぶることで自分の身の安全を守っているのです。

それが、僕が高校時代に学んだ「ワルぶり君たちの生態」でした。

クラブもワルぶり君がほとんど

僕が見た限りでは、クラブに来ている中高生のほとんどは、悪ぶり君たちでした。

僕はなんだか自分の高校時代のクラスメイトを見ているようで、気分がなごんできました。

時間が遅くなってくると、大人達も増えてきました。

大人と言っても、ほとんどは当時の僕と同い年か年下ぐらい(20代前半~なかば)に見えます。

大人勢は陽気な雰囲気が漂っていて、友達同士で来ている人も多く、ノリノリで踊っている感じでした。

悪い人達ではなさそうです。

予想外の客層

僕がここに来る前は、「クラブ=薄暗い店内にワルが集まる怖い場所」というイメージに加えて、

「チャラい男達が、露出度の高いお姉さんたちをナンパする場」

というイメージもありました。

でも、大人の女性陣もそんなに露出度が高いわけでもなく、本気で踊る時のダンサーのような格好をしています。

男性陣も、誰も女性陣に声をかけに行きません。

みんなただ、自分の世界で楽しく踊っている感じがします。

ちょっと予想外でした。

ここのクラブの客層をまとめると、

①ワルぶり君の中高生男子

②陽気な20代男子

③本気系ダンサー風女子

という3種類がメインでした。

僕は安心しました。

ここでなら、思い切り踊れる気がする!

と。

 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください