【ブログ記事2,000本を書いて気付いた、継続の秘訣⑧好きなこと:中編】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)(→この記事のシリーズを1話目から読む

※僕が英語学習を長年継続できている理由と、ブログ記事の執筆が長年継続できている理由に共通する、「9つの戦略」をお伝えする続きです。

前回の記事では、ブログ記事には2パターンあることをお伝えしました。

パターン①バラエティー記事:自分の好きなことを、好きなように書く。(個人の日記に近い感覚)

パターン②勉強記事:自分の専門分野に関して、他の人が読んで役立つ内容を書く。(人に求められていることを書く)

この2つのうち、パターン①のバラエティー記事は、元々有名な芸能人などでない限り、なかなか読まれないことをお伝えしました。

パターン②の勉強記事は、自分が有名じゃなくても、中身が役立つ内容であれば、Google検索で見付けてもらえる確率が高いので、たくさんの人に見てもらえる可能性があります。

特に自分の専門分野を持っている人は、勉強記事で書いた方が良いと言われてます。

でも、何も考えずにただ勉強記事を書いても、それだけでGoogle検索で上位に表示されるわけではありません。

Googleに対する戦略が必要になってきます。

それが、SEO対策と呼ばれるものです。

SEOって何?

Search

Engine

Optimization

の頭文字を取ったものです。

サーチエンジンというのは、Googleなどのネット検索ツールのことです。

オプティマイゼンションというのは、最適化のことです。

日本語にすると、「検索エンジン最適化」という、いかにも専門的な雰囲気が漂う言葉になります。

ざっくり言えば、

「Google検索に自分の記事が表示される確率を上げるために、戦略的にブログ記事を書くこと」

が、SEO対策です。

じゃあ、どうやってやるの?というと、

Google上で実際に検索されているキーワードを元に、記事を書いていきます。

たとえば英語学習で例えると、Google上に人々が打ち込んで検索するキーワードのうち、「英単語」というキーワードと、「現在完了進行形」というキーワード、どちらが多く検索されていると思いますか?

そうです!「英単語」です。

英単語が足りないと悩んでいる人は多いので、英単語のテーマで記事を書いた方が、Google検索でヒットする確率が高くなります。

一方で、自分には現在完了進行形の知識が足りない!と思って打ち込んで検索する人は、多くありません。

それなら、英単語に関する記事を書いた方が、見てもらえる確率がアップします。

ただし、英単語に関する記事は、すでにたくさんの人達が書いています。

その中で、自分の記事がGoogleの検索1ページ目に出てくる確率を上げるためには、記事の書き方そのものを色々と工夫しなければなりません。

ただ適当に英単語の記事を書いても、Google先生には評価してもらえません。

Google先生の人工知能に、自分の記事を「これは役立つ記事だ。検索結果の1ページ目に出す価値があるぞ。」と認識してもらうことが、SEO対策になります。

言い換えると、SEO対策とは、

「Google先生に気に入られるように、ご機嫌を取ること」

なのです。

自分のブログ記事の認知度を上げたいなら、人間に評価される記事を書くことより、Google先生に評価される記事を書く方が大事です。

変化するご機嫌

でも、Google先生のご機嫌は、日々変化します。

Google先生の「良い記事判定の基準」が、コロコロ変わるのです。

(ちなみに、この判定基準のことを、アルゴリズムと呼びます)

細かい判定変更は常に加えられているそうですが、それとは別に年に2回、大幅な変更がやってくると言われています。

しかも、その変更結果は、一切知らせてもらえません。

そのため、ある日急に自分の記事がまったくGoogle検索に引っかからなくなったりします。

逆に、昔書いた記事が、急に上位表示されたりします。

Google先生は気まぐれです。

ブログを書くことだけで生活しているブロガーと呼ばれる人達は、Google先生のご機嫌ひとつで収入が大きく増減するそうです。

ご機嫌取りは疲れる

Google先生のご機嫌取りは、ずっとやっていると疲れます。

Google先生のご機嫌取りを専門にしている「SEO対策業者」がいるぐらいです。

SEO対策業者は、24時間365日、ずっとGoogle先生のご機嫌をチェックして、報告してくれたり、記事を代筆してくれたりするサービスを提供しています。

SEO対策は年々複雑になっているので、個人でやり続けるには負担が大きすぎます。

以上が、ブログ界での現在の状況です。

有名人ではない自分がブログを書く場合、自分の記事をたくさんの人達に見てもらおうと思ったら、

・勉強記事を書く。

・SEO対策をする。

の2つが必要になります。

もちろん、第3の選択肢として、

・ものすごい文才を発揮してバラエティー記事を書き、読者をモーレツに楽しませた結果、それがクチコミで広がって、マスコミに取り上げられて・・・有名になる。

という道を通る人もいます。そういう才能に恵まれた人なら、Google先生のご機嫌を取る必要はないでしょう。

でも、それはごく限られた人だけの戦略です。少なくとも、僕にはムリです。

次回の記事では、僕がどの位置づけでこのブログ記事を書いているのか?をお伝えします。

 

・・・つづく。(→この記事のシリーズを1話目から読む

 

————————————–

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください