【どんな英文もAIがネイティブ音声でクリアに読み上げる!音読さん②】

 
from 師範代Shinya
 

(→前回のつづき)

「音読さん」は、どんな英文もネイティブ音声で読み上げてくれるオンラインサイトです。

英文をボックスに貼り付けて、自分好みのネイティブ音声を選ぶと、その音声で読み上げてもらうことができます。

しかも、読み上げ音声はスピードを自由に調整できます。

さらに!読み上げ音声データをMP3ファイルとしてダウンロードすることができます。

お気に入りの音声を、ウォークマンやスマホに入れて持ち歩くことができるのです!

 

無料プランで毎月MAX5,000文字まで

音読さんは、文字数1,000文字(毎月)までは、会員登録なしで、無料で使うことができます。

さらに、会員登録してメールアドレスなどの情報を入れると、毎月の文字数制限が5,000文字までアップします。

もし、5,000文字では足りない!という場合は、有料プランに入ることで、毎月の限界文字数を増やしていくことができます。

この記事を書いている時点では、

ベーシック=20万文字(月額980円)

バリュー=45万文字(月額1,980円)

プレミアム=100万文字(月額2,980円)

となっています。

有料プランでも、文字数で見るとかなり割安のイメージです。

僕にこの音読さんを教えてくれた、「本気の英語学習者の会」のメンバーのKennyさんの体験談では、一度980円のベーシックプランで使っていたものの、月に20万文字までは消費し切れなかったため、無料プランに戻したそうです。

Kennyさんの使い道は、「自分で書いた英文日記の音読」なので、毎月5,000文字の中で十分に収まるとのことでした。

 

英語テキストの読み上げにも使える

英語テキストの付属の読み上げ音声が気に入らなかった場合、音読さんに読み上げてもらうのも良いアイデアです。

音声の種類がすごいたくさんあるので、自分好みの発音がきっと見つかります。

 

たとえば、

・テキストの付属の音声が「アメリカ、イギリス、オーストラリア」などの色んな国の音声が入っている。

・自分はアメリカ発音だけで音読練習したい。

という状況の場合、イギリスやオーストラリア発音のユニットの英文を、音読さんを使ってアメリカ発音に変える、という使い方ができます。

 

1ヶ月だけ有料プランに入るのもアリ

手持ちの英語テキストの英文を音読さんに読み上げてもらう場合、人によっては無料会員(月5,000文字)では文字数が足りなくなるかもしれません。

その場合は、一度有料プランに入って、制限いっぱい分の文字数の音声データをダウンロードしたら、すぐに脱会する、というのもアリです。

音読さんの有料プランは、「最低利用期間のしばり」がないので、1ヶ月だけで抜けることもできます。

最安プランの980円でも、20万文字もできるので、かなりの量の英文の音読データが手に入ります。

また、有料プランはペイパルを使った支払い方式なので、「申し込んだ日から30日間」という形で利用できます。

「月末に申し込むと、利用日数が減ってしまうかな?」

「月初に申し込んだ方が得なんだろうか?」

などと、タイミングを思い悩む必要はありません。

自分が思い立った時に有料プランに申し込めば、そこから30日間使うことができます。

 

ソフトではないので、パソコンやスマホが重くならない

音読さんはアプリやソフトではありません。

オンライン上で完結するサービスです。

ソフトなどをインストールする必要がありません。

これも嬉しいポイントです。

音読さんに読み上げてもらった音声データをダウンロードしたら、それを外付けHDDなどの外部メモリーに保存しておけば、パソコンやスマホは一切重くなりません。

オンラインで完結するサービスは、めちゃくちゃ使いやすいです。

と、ここまで音読さんの「使い勝手」について書いてきましたが、肝心の「音声の質」はどうでしょうか?

もし、読み上げ音声の質が低くて使い物にならなかったら、いくら使い勝手が良くても意味がありませんよね。

でも、大丈夫です。

音読さんが読み上げてくれる音声データは、音読のお手本として十分に使えるレベルです。

次回は、音声のクオリティーについて詳しく深掘りしていきます。

・・・つづく。

 
 
 

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください