From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
今までサブ的な新機能「会話レッスン」や「カメラ翻訳」機能を見てきましたが、本来の機能である「音声翻訳機能」がどれだけ進化しているか?
 
 
それがポケトークSの真価を決めます。
 
 
ハード面の進化とソフト面の進化の2つから検証してみます。
 
 
 

ハード面の進化:液晶画面

ハード面は明らかに使いやすさがアップしています。
 
 
まず、画面がすごく大きくなりました。これまでの丸形から四角型になり、ふちも大幅に狭くなることで、全体の3分の2ぐらいが液晶画面の面積になりました。
 
そのおかげで、サイズの割に文字が読みやすくなっています。
 
 
初代ポケトークは真ん中に小さく画面があっただけなので、文字で確認するというより音声がメインでした。
 
二代目ポケトークWで画面が大型化して、三代目のポケトークSでさらに大型化した感じです。
 
 
ポケトークには下の方に「音声読み取りボタン」があるので、設計上はこれ以上液晶画面サイズを広げるのは難しい気がします。
 
 
つまり、今できる限界値まで画面を大きくした感じです。
 
 
また、液晶画面のドットが細かくなり、美しさがアップしているような気がします。
 
 
初代と三代目を比べると、ファミコンとスーパーファミコンぐらいの違いを感じます。(中学生の頃スーパーファミコンの画面を初めて見たときには、あまりの美しさに感動しました)
 
 

操作性がアップ!

画面が大きくなったことで、タッチがしやすくなりました。
 
 
・初代ポケトークは物理ボタンのみ。
 
・二代目ポケトークで初めてタッチパネル採用。
 
・三代目ポケトークでタッチパネルの使いやすさUP。
 
 
という感じです。使い心地はスマホとあまり変わらないぐらい快適です。
 
 
また、翻訳する言語の文字が大きく表示されるので、「今、どの言語同士を翻訳させているか?」を間違えることがありません。
 
 
画面を1回タップするだけで、
 
 
日本語→英語
 
 
から
 
 
英語→日本語
 
 
に素早く切り替わります。
 
 

物理ボタンがあるのが嬉しい

新型の三代目ポケトークは見た目がスマホ化しましたが、液晶画面の下には大きなボタンがひとつだけあります。
 
 
iPhoneやiPadのホームボタンのような雰囲気です。
 
 
この物理ボタンが残っているのが個人的には嬉しいポイントです。
 
 
最近のiPhoneやiPadにはホームボタンがなくなって、顔認証になってしまいました。
 
 
でも、ポケトークはこの物理ボタンがあることで、スマホの翻訳アプリと差別化できています。
 
 
この物理ボタンは、「音声読み取りボタン」です。
 
 
ボタンを押している間だけ、音声を読み取る仕組みです。
 
 
その後ボタンから手を離すと、聞き取った範囲を翻訳してくれます。
 
 
そうです!翻訳して欲しい範囲を自分で選べるのです。
 
ここが大事なポイントです。
 
 
スマホのグーグル翻訳の場合は、音声は自動認識です。
 
どの範囲を翻訳するか?は、AIが判断します。
 
 
ちょっと言いよどんだり、間が空いてしまった場合は、「あ、言い終わったんだな」とAIが判断して翻訳を始めてしまいます。
 
 
「あ~!まだ話している途中なのに~!ここで翻訳したら意味が通じないよ!」
 
 
みたいなことがたまにあります。(今後アップデートで精度が上がっていくとは思いますが)
 
 
その点ポケトークは物理ボタンがあることでユーザー側にコントロール権があるので、使いやすくて便利です。
 
 
個人的には、ここがポケトークの一番のウリだと思っています。
 
 
 

音声は聞き取りやすい

音声は聞き取りやすいです。音質は良くなり、ボリュームも十分です。
 
 
ボリュームを最大にして聞くと、驚いて身体が「ビクン!」となるほどの大音量が出ます。
 
 
音量は大事です。ポケトークを使うときには、周囲がざわついていることが多いです。
 
 
お店、ホテル、駅、レストランなど、人がたくさん集まっている場所で使います。
 
 
音量が大きければ、周囲の騒音に負けずに相手にメッセージを届けることができます。
 
 
・・・つづく。
 
 
「ポケトークS」
  ↓↓↓
 

ソースネクスト POCKETALK(ポケトーク)S ホワイト(グローバルSIMなし) PTSWW

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
————————————–
 
 

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「ハイブリッド型英語トレーニング動画セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナー(無料)はこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナー(無料)はこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナー(無料)はこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

あなたの「やる気と才能」を引き出す、Saya(師範代Shinyaの妻)のオンライン対面セッションはこちら

※師範代Shinyaの本:「やり直し英語革命」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓