From  師範代Shinya(新村真也)
 
(※僕が英会話スクール講師に転職してからの体験談です)
 
(→前回のつづき)
 
僕が仕事の「丸一日英語漬け研修」の2回目に参加したときの話の続きです。
 
 
午前中にフルパワーを開放して、「スーパーサイヤ人状態」で発言しまくって目立った後、午後は英語脳のスイッチを切り替えて、「低電力モード」でどこまでいけるか試してみることにしました。
 
 
午前中ですべての「気」を使い果たしていた僕の英語力は、案の定、午後には大きく落ちてきました。
 
 
午前中にはネイティブのトレーナー講師の言っている指示やセリフが全部聞き取れていましたが、午後になると、とたんに聞き取れなくなってきました。
 
 
1回目の時には自分の急激な英語力の変化に焦りましたが、今の僕は落ち着いています。
 
 
やはり、事前にこうなることを予測していることで、パニックにならずに対処できます。
 
 

別人

 午後のアクティビティーも、午前と同じように進みました。 
 
①トレーナーのネイティブ講師がグループワークの指示を出す
 
 
②その指示に従って、ディスカッションする
 
 
③代表者が皆の前で発表する
 
 
という流れです。ちなみに、すべての会話は英語オンリーです。
 
 
さっそく、午後の一発目のアクティビティーが始まりました。
 
 
トレーナーの人が、英語で指示を出します。当然、僕は半分くらいしか聞き取れません。
 
 
(まあ、分からない部分は、グループ内の誰かに聞こう)
 
 
と思っていると・・・
 
 
僕の隣にいた日本人講師の人が、僕に日本語でささやきました。
 
 
「あの・・・すみません・・・今の指示が聞き取れなかったんですが、何をすればいいんですか?」
 
 
僕はすぐに答えました。
 
 
僕:「実は、僕も聞き取れてないんですよ(笑)一緒に聞いてみましょう!」
 
 
そう言って、僕の向かい側に座っている日本人講師の人に聞いてみました。
 
 
僕:「これから、何をやればいいんですか?」
 
 
すると、その人はニコッとして丁寧に日本語で教えてくれました。
 
 
その後も、指示があるごとに、僕はその日本人講師の人に「次は何をすればいいんですか?」と聞きました。
 
午前中はガンガン手を挙げて発言したり、前へ出て発表したりして、場をリードしているように見えた僕が、急にトレーナーの指示さえも理解できなくなっているのを見て、他の講師の人たちは驚いているようでした。
 
 
今の僕は、午前中とはまるで別人です。
 
 
でも、前回と違うのは、「その状況から無理に脱出しようとしていない」ということです。
 
 
焦ってもいないし、自分が他の講師の人たちからどう思われるかも気になりません。
 
 
僕は今、「実験君」なのです。
 
 
この作戦を実行したら何が起こるか?試している最中なのです。
 
 
 

ラクな後半

僕の思ったとおり、後半になると急に雰囲気が変わりました。
 
 
前半は「積極的な人がどんどん発言する」という空気でした。
 
 
でも、後半は、「前半で発言してない人がどんどん指名される」という流れになりました。
 
 
僕は午前中には戦闘力900オーバーのフルパワーで戦っていましたが、今の戦闘力は500以下に落ちています。(TOEIC換算)
 
 
もし今、指名されても戦えません。なので、後半は僕は「気」を消して、存在感をゼロにしていました。
 
 
思った通り、午前中の「ハッタリ作戦」が功を奏して、後半に僕が指名されることはありませんでした。
 
 
トレーナーの人も、周りの人たちも、みんな今の僕も「戦闘力900オーバーのスーパーサイヤ人」だと思い込んでいるようでした。
 
 
今の僕が実はスーパーサイヤ人ではなくなって、黒髪に戻っていることを知っているのは、同じグループ内にいる6人だけです。
 
 
 

作戦成功!

そのままの流れで、後半はまったく指名されずに、研修を終えることができました。
 
 
作戦がうまくいったのです!
 
 
僕は、積極的な社員であるという印象を残しつつ、気の消耗量を最小限に抑えて戦いを乗り切ることができました。
 
 
 

2つのタイプの日本人英語講師

今回の研修で、後半に「気」を消しながら周りを冷静に観察していたとき、気づいたことがありました。
 
 
それは、「日本人講師には2タイプいる」ということです。
 
 
この研修に来ている日本人講師は、ほとんどがTOEIC行く900点オーバーのスーパーサイヤ人です。
 
 
中には、TOEIC990点満点ホルダーの猛者もいます。
 
その中でも、
 
 
①1日中元気で積極的な先生
 
 
②後半になるとグッタリしてくる先生
 
 
の2種類がいることが分かりました。僕は明らかに②のタイプです。
 
 
①のタイプの先生たちと話してみると、高校生くらいまで海外に住んでいた「帰国子女タイプ」と、高校での3年間や大学での4年間を海外で過ごした「長期滞在型タイプ」がほとんどでした。
 
 
このタイプの人たちは、24時間英語漬けの環境で何年も過ごした経験があるので、「スーパーサイヤ人状態でいられる時間が長い」のが特徴です。
 
 
ある意味、スーパーサイヤ人状態が普通と言って良いかもしれません。セルを倒すための修行を積んだ孫悟空&孫悟飯のみたいです。
 
 
一方、僕は日本国内にながら、音読などの科学的なトレーニングで後天的に英語力を伸ばしたタイプです。
 
 
社会人として仕事をしながら、すきま時間で英語力を伸ばしてきたので、1日の英語学習時間は平均で1時間半、MAXでも2時間くらいです。
 
 
つまり、2時間以上英語を使い続ける経験を積んでいません。なので、スーパーサイヤ人でいられる時間もだいたいそのくらいになるのです。
 
 
この特性を知った上で、自分に合った戦い方をすれば、今回のように丸一日英語漬け研修でも、良い印象を与えながら乗り切れることに気づきました。
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ