From  師範代Shinya(新村真也)

7年間続けたジーンズショップの店長の仕事を辞めると僕が決心した理由。

それは、英語力が急激に伸びるのを感じた「ブレイクスルー体験」がきっかけでした。

僕はそれまで、英語を勉強していることを会社の誰にも言っていませんでした。なぜなら、僕の職場では英語を使う機会がゼロだったからです。

もし、そんな状態で英語を学んでいることが上司に知れたら、

「なんで?まさかおまえ、転職しようとしてるのか?」

なんて突っ込まれそうだったからです。僕の上司は、普段からすごく怖い人でした。なので、ずっと黙っていました。

 

ついに公表!!

でも留学を決意した今は、言うしかありません!

そこで僕は、おそるおそる上司にすべてを伝えました。

僕:「あの、ちょっとお話しが・・・」

上司:「なんだ?なんか、いやな予感がするな。」

僕:「え?そうですか?でも、当たってると思います。実は、僕は2年半前から英会話スクールに通っていまして・・・」

上司:「え?そうなの?なんで?」

僕:「最初はたいした理由じゃなかったんです。ただ、趣味で始めました。でも、そのうちハマってしまいまして・・・最近、新しい目標ができたんです。」

上司:「なんだ?まさか、会社をやめるのか?」

僕:「はい・・・」

(自分でも心臓がバクバクしているのがわかります)

僕:「実は、カナダに3ヶ月間、留学することにしたんです。」

上司:「え??マジで?!留学??」

僕:「はい。どうしても、自分が今までやってきたことが海外でどこまで通用するのか、試してみたくなりました。」

上司:「そりゃスゲーな!おまえ、そんなに頑張ってたのか・・・」

僕:(あれ?意外に怒られないぞ?しかも、なんか感心されているような・・・)

上司の驚きはすごく伝わってきましたが、意外にもその後、止められることはありませんでした。

むしろ、僕の努力に感心して、「応援する」とまで言ってもらえました。ありがたいことです!!

その後も、同僚や先輩に留学計画を話して回りましたが、みんな同じようにビックリしたリアクションのあと、

「新村おまえスゲーな!ひとりで海外に乗り込んで行くなんて、度胸あるな!」

と感心されました。

 

 

「留学」の持つイメージ

このとき僕は、日本文化の中で「留学」の持つイメージがどんなものかを知ることができました。

どうやら、「英語を学んで留学する」とうことは、日本では「勇気あるチャレンジ」、「スゴいこと」だと思われているようです。

 

危機一髪!!

留学計画をカミングアウトした後、上司から知らされたことがあります。

それは、実は僕には2ヶ月後に異動が決まっていたということです!

ずっと遠くにできる新しいお店の「グランドオープン店長」としての「異動&昇格」が決まっていました。

もちろん、僕にそれが知らされるのは、ギリギリ2週間くらい前になってからの予定でした。

僕が早めに辞めることを伝えたので、その辞令内容が予定より早く明らかになったのです!

僕はそれを聞いたとき、

「あぶなかったぁ~!!危機一髪だった!」

と思いました。

なぜなら、もし留学を決心するのがあと少し遅れていたら、僕は新しい店の店長として、遠い地で働き始めなければなからなかったからです。

新店は、メチャクチャ忙しいです!
その店長ともなれば、労働時間は今よりずっと長くなります。

短期間のうちに引っ越しでバタバタし、落ち着かないうちに長時間の激務が始まります。

時間もエネルギーもほとんどが仕事に取られて、私生活はなくなります。そんな生活が、少なくとも1年間は続くでしょう。

もしそうなっていたら、僕はせっかく上達してきた英語から1年間も離れることになります。

そしたら、そのブランクを取り戻すまでにまた1年以上かかるかもしれません。

組織の中で出世することに対してまったく興味のない僕にとって、この異動は何のプラス要素もありませんでした。

なので、この話を聞いたときには、「本当に危なかった!」と思いました。

上司が僕を高く評価して、新店の店長に推薦してくれたことには感謝しています。でも、僕はその期待に応えられないことが自分でわかっていました。

僕はこのバッチリのタイミングに、「神の意志」を感じました。

どうやら僕は、英語力を伸ばして海外に行く運命にあるようです・・・

・・・つづく。

 

—————————————

※師範代Shinyaの 「単語力アップ」7日間セミナーはこちら

※師範代Shinyaの 「英語でマジック」8日間セミナーはこちら

—————————————

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら
 
自己紹介は、こちら

こちらですアップ