From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
※僕がジーンズショップで働いていた頃、初めて英語のテキストを買って外国人のお客さん相手の英会話を経験した時のエピソードの続きです。
 
 
2度目の米軍兵士の来店は、突然の出来事でした。いつもそうなのですが、心の準備ができていない時に限って、彼らはやってきます。
 
 
そして今回もまた、不意なタイミングでやってきました。
 
 
店の入り口でいきなり黒人男性から話しかけられた僕は、一気に緊張して頭の中が真っ白になりました。
 
 
アグレッシブにガンガン話しかけられて、僕はすっかり焦ってしまいました。
 
 
その黒人男性が聞いてきたことは、
 
 
「いらっしゃいませってどういう意味?」
 
 
「なんでお客さん相手にそんな大声で怒鳴るの?」
 
 
という質問でした。(たぶん)
 
 
たしかに、僕もこれには疑問に思ったことが何度かありました。
 
 
よく、お店の売り上げが落ちると、上司のエリア長が言ってきたことがありました。それは、
 
 
「気合いが足りないから売上が落ちるんだ!もっといらっしゃいませの声を大きくしろ!」
 
 
というものでした。
 
 
でも、自分が他の洋服屋に買い物に行って、そこの店員さん達があまり大声で「いらっしゃいませ~!!」を言っているのを聞いて、
 
 
「この店員さんたちスゲーなぁ!気合い入ってるなぁ!じゃあ、この店で何か買ってくか!」
 
 
と思ったことはありませんでした。むしろ、
 
 
「うるさいなぁ~!鼓膜が破れそうだ・・・ゆっくり買い物できやしない!」
 
 
と感じたことがありました。
 
 
あと、マルイなどに行くと、店員さんたちの声は大きくありませんが、店頭のマネキンを一瞬見ただけで、いきなり話しかけられて、その後しつこい接客をされて、ウンザリすることがありました。
 
 
僕は、ジーンズショップで働きながら、「どうも日本の服飾業界の接客はクオリティーが微妙だなぁ」と感じていたのです。
 
 
そんな疑問が自分のなかにあったからこそ、その黒人男性が何を聞いているのか?が分かったんだと思います。
 
 

フレーズ丸暗記型の限界

その後、その黒人男性は、ことあるごとに、僕に話しかけてきました。
 
 
でも、なぜか僕がフレーズブックで練習してきた「お店でお客さんが使ってくるフレーズ」ではないのです。
 
彼のキャラクターもあると思いますが、セオリー通りの英語フレーズを使ってきません。
 
 
僕は何を聞かれているのか?まったく聞き取れませんでした。
 
 
せっかく前回の米軍兵士来店の時にはちょっと自信がついたのに、今回の黒人男性のトリッキーな質問がまたく分からなかったことで、僕の自信は粉々に打ち砕かれました・・・
 
 
僕はこの時、「フレーズ丸暗記型のテキスト」を使った学習の限界を感じました。
 
 

アグレッシブな黒人男性

でもその黒人男性は、あきらめませんでした。僕が彼の話す英語を理解できないことを知っても、ことあるごとにガンガン話しかけてくるのです。
 
 
そして、僕が理解できないと、首を横に振りながら、「ハァ~!」とため息をついて、離れていきます。
 
 
でもまたすぐに、僕に話しかけてくるのです!
 
 
そして、僕がまた理解できないと、また首を横に振りながら「ハァ~!」とため息です。
 
 
そして離れていったかと思うと、また近づいてくるのです!!
 
 
いいかげんにしてくれ!!
 
 
と僕は叫びたくなりました。
 
 
彼のものすごいアグレッシブさとあきらめない姿勢に、僕の中にあった緊張感はだんだんなくなっていきました。
 
 
もう、ここまでボロボロだったら、これ以上の失敗は恐くありません。
 
 
「もう、どうにでもなれ!」そんな気持ちになってきました。
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ